「クランベリー」の意味は? クランベリーミックス「谷貝食品」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130502mikkusuberi

 

 

「クランベリー」

リンコス六本木店で買った「クランベリーミックス」です。
クランベリーはアメリカ産。
レーズンもアメリカ産。

 

私はレーズンがない方がいいのですが
レーズンもベリーなんですね。

 

グリーンレーズンは中国産。
パパイヤとパイナップルがタイ産です。

 

 

 

「ベリー」って?

そもそもよく耳にする「ベリー」ってなんなのでしょう?

 

一番有名なのは、いちごのストロベリーで
あとはラズベリー、ブルーベリー、
そして今回のクランベリーと、いろいろありますよね。

 

ちょっと見てみましたら、ベリーとは植物的分類ではなく
「ナッツ類のような殻をもたない果汁の多い小さい実」のこと
なんですって……。
びっくりです。

 

 

 

「クランベリー」は

そこでこの「クランベリーミックス」の「クランベリー」ですが
ツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属(←って、意味わからないけど)
に属する常緑低木の総称だそうです。

 

北半球の寒帯の酸性の沼地にみられる木なのだそう。

 

私は英語がわからないので、どんな意味かを考えないで
口にしていることが多いのですが、クランベリーとは

 

「クラン(crane)」と
「ベリー(berry)」なのですね。

 

「鶴(crane)」の好きな「ベリー(berry)」ということで
「クランベリー」。

 

17世紀に、アメリカに住むイギリス系移民
によって命名されました。

 

 

 

もう一つの説

鶴の好きなもの、という意味の他に、

 

花が開く前の茎やがく、またはなびらが鶴の首、頭、
くちばしに似ているからだという説もあるそうです。

 

いずれにしてもクランベリーというのは
鶴のベリーということなのですね。

 

鶴が好きなベリーか,
鶴に似ているベリーか、の違いはあっても。

 
130507kuranberi-300x238            (写真/「花の庭」

 

 

「谷貝食品」というのは初めてでしたので調べてみましたら
茨城県の会社で、「やがい」と読むそうです。

 

HPにアーモンドの小型のものが紹介されていました。
ピート種というそうですが、今度買ってみたいと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す