ティラミスケーキ「Freddi」 最高級のティラミスケーキではありませんが

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130115thiramisu

 

 

長もちケーキ

Freddi社の「ラ ジョイア(LA GIOIA)」の
なかのティラミスケーキ。

 

イタリアのものをコルドンヴェール株式会社が
輸入しています。

 

買ったのはやまや赤坂店。

 

原材料は、ブドウ糖果糖液糖、砂糖、小麦粉、植物油脂、玉子、
マルサラワイン、ブドウ糖、ココア、マスカルボーネ乳、
コンデンスミルク、食塩、アルコール、コーヒーです。

 

Freddiの「ティラミスケーキ」は
常温で6ヵ月以上の保存が出来ます。
この原料の中で、何が保存料なのでしょうね。

 

 

 

とにかくデカイ!

大きさは、写真を見て頂いてもおわかりの
ようにかなり大きいです。

 

普通のケーキの何倍もあります。

 

(って、本来はこのケーキは
一人で食べるものじゃないのでしょうか?
私は、一人で一気に食べちゃったけどね)

 

重量は150グラム。
100グラム当たり374キロかロリーの熱量があります。
全部ひとりで食べてしまうと561キロカロリーですね。

 

 

 

カロリーは大きさほどでもない?

と考えますと、Freddiの
「ティラミスケーキ」は、思いのほか
カロリーが少ないという気もします。

 

なぜなら、いつも紹介している「あんパン」や
「ロールちゃん」などの菓子パン等は1つで
そのくらいのカロリーがあるものは普通ですから。

 

それらと比べると、このFrddiの
「ティラミスケーキ」はもっとコクがあるというか、
少々くどいというか……、

 

ちょっと形容の仕方に悩むところではありますが
とにかく「食べた感」は一杯感じるケーキですので
その点でもまあまあですね。

 

 

 

最高のティラミスというわけにはいきませんが

味はといいますと、ティラミスケーキ
というには少々難しいかも?
という感じがしなくもありません。

 

「Freddi」のティラミスケーキは
常温でかなり保存がきくものなので
成分もそれなりでしょう。

 

お味も当然、それなりということですね。

 

ただ、ちょっとぱさつき感は気になりました。
でもそんなことはいえないほどのお値段ですし。

 

 

 

これはこれで納得のお菓子 

そんな「Freddi」のティラミスケーキですが
私には,これはこれで存在意義(?)はあるのではないか
と思います(ちょっとオーバーな言い方ですが)。

 

保冷剤つきで買ってくる、有名店の繊細な
ティラミスケーキは本当に美味しくて嬉しいもの。

 

でもその一方で、ビスケットやポッキーのような
必ずしも今日食べるとは限らない、
家にストックしておく気軽なお菓子もありますね。

 

そのストックしておくお菓子のちょっとだけティラミス風
なものが、このFreddiの「ティラミスケーキ」。

 

そういう位置づけでは
充分に合格点のお菓子という感じです。

 

私はFreddiの「ティラミスケーキ」を食べる前に
かなり悲惨なものを食べていたせいもあったのですが、

 

これを食べ始めた時は予想より良かったので
「全然OK、OK」と言いながら食べました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す