ツルを切られてしまったエンドウの花束 マスカルポーネチーズ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130522presidentrondeleaubleu

 

 

初登場のマスカルポーネチーズ

雪印メグミルク(北海道100)のマスカルポーネチーズです。

 

日本のマスカルポーネチーズは、といいますか
日本のチーズは全般にあっさりしていますね。

 

別の言い方をすればコクがないともいえますが。
2枚目の写真がマスカルポーネチーズが入っていた容器。

 

本当はつけたくないのですが,チーズだけですと
同じように見えてしまうので。

 

 

130518marukarubone370_20130522234848-300x259

 

 

 

美的感覚の違い

ところで先日、エンドウの花のお話をしましたら
去年のことを思い出しました。

 

お花屋さんでのことです。
差し上げる花束を作ってもらっている時のことでした。

 

私は花束は単一のお花が好きなので、差し上げる時も
それが多いのですが、その時は生憎、適当なものがなく
幾つかのものでお願いしました。

 

 

 

初めて見たエンドウの花

待っている時に、お花屋さんのストックの中に
エンドウの花が見えました。。
それも、たった1本だけ。

 

私はエンドウの花も入れてくれるよう頼みました。
「そのようなお花が好きな方ですので」と言いながら。

 

花束を差し上げる相手の方は、豪華なバラやボタン
というような花よりも、野の花のようなものを
愛おしむ方でした。

 

彼女のお母様はある時、彼女におっしゃったそうです。
「そんな健気な花ばかり、好きじゃなくてもいいのに……」と。

 

「健気な花」という言い方は
とてもおもしろい言い回しですね、

 

その言葉からは、お母様がそのようにおっしゃったお気持ちが
何となくではありますが、伝わってくるようにも思えます。
それと同時に、「健気な花」を好む方のお人なりも……。

 

 

 

それを切ったら意味がない……

そんなことを思うでもなく手持ち無沙汰に待っていた私が
花束を作ってくれている人の手元を見ていた時……。

 

私は心の中で
「あっ!!」
と、叫びました。

 

私が頼んだエンドウ豆の花を手に取って花束に入れるや否や
パチッ,パチッとエンドウ豆のツルが伸びている茎の部分を
全部、切ってしまったのです。

 

 

130524endoumamenohana

 

 

 

バランスの悪い小さな「I」形の茎

この写真でおわかりのように、エンドウ豆の茎というのは
アルファベットの大文字の「Y」に近い形をしています。

 

彼女は、「Y」の両方の「V」を切ってしまい、
残ったのは、先にお花が一つだけついたバランスを崩した
小さな「I」型の茎のみ。

 

私は声には出さないまでも、心の中で
大きなため息をついて泣きました。

 

エンドウの花は1本しかなかったので
ちゃんと可愛いツル付きの別のエンドウを
入れてもらうことも出来ません。

 

何も言わずにあきらめました。

 

彼女は、ちっとも悪いとは思ってはおらず
むしろきちんと無駄なもの、余分な茎を整理した
と思っているのでしょう。

 

「あのエンドウ豆のクルンとしたツルが可愛いので
その茎もつけておいて下さいね」
とお願いしておけば、よかったのかもしれません。

 

ですが、まさか全て切り落としてしまうとは
私には全く考えられないことした。

 

お花屋さんによくあるような美しい豪華な花と違い
野趣にとんだ遊びを感じさせる花束が出来ると
思ったのですが……。

 

かくして、ツルのついている茎は
全部とられてしまいました。

 

「見栄えのしない」、先端に花がついただけの
バランスを崩した小さなエンドウの花は、他のお花に紛れて
少々、恥ずかしそうにも見えたのでした。

 




スポンサードリンク



コメントを残す