「2012 くるみパン オブ・ザ・イヤー」受賞 もちもちくるみパン「神戸屋」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120924kurumi

 

 

「神戸屋」のくるみパン

今回初めて知ったのですが
くるみパンの日本一を決定する
「くるみパン オブ・ザ・イヤー」なるものがあるのですね。

 

知っていました?

 

カリフォルニアのくるみ協会が
2011年に初めて実施したそうです。

 

好評を博したことから、2012年度も引き続きくるみパン
日本一を決める「2012 くるみパン オブ・ザ・イヤー」
を開催しました。

 

そして「厳正なる」審査(!)を経てくるみパン日本一が発表。

 

 

 

「ブレインフード」とも呼ばれるくるみ

くるみには、脳を活性化させる作用をもつといわれる
オメガ3脂肪酸が、ナッツ類の中では
特に多く含まれているといわれるもの。

 

「ブレインフード」とも呼ばれていますね。
また、くるみの形自体も「脳(ブレイン)」に似ていますよね?

 

またその他には、ビタミンB1、ビタミンE、鉄分,
ミネラル、食物繊維などをバランスよく含む食品です。

 

これらはメタボリックシンドロームの予防になるほか
血液や血管にもよいとされています。

 

「くるみパン オブ・ザ・イヤー」は、そんな栄養のある
くるみを毎日、美味しく食べてもらいたいという
願いを込めて開催されています。

 

 

 

審査方法

審査の方法は、昨年の6月12日から10月11日までの
4ヵ月の間に、自薦、他薦を問わずに
『気になるくるみパン』を投稿してもらいます。

 

審査員は愛パン家として知られている渡邊政子さん。
投票期間の投票数と、『気になるくるみパン』の

 

「食べたい」ボタンへのクリックの数によって
グランプリ等が決定されました。

 

 

 

「2012 くるみパン オブ・ザ・イヤー」の受賞パン

まず最初は、栄えあるグランプリ受賞から。
株式会社タカキベーカリーの「くるみ食パン」。
販売地域は、関東(一部)、中部、近畿、中国、四国、九州。

 

130603kurumishokupantakakibekari

(写真/「くるみパン オブ・ザ・イヤー」
左から一袋6枚入り、5枚入り、3枚入りの食パン

 

 

次は金賞なのですが、これが驚きました。
今日、紹介した神戸屋の「もちもちくるみパン」なんです!

 

株式会社ファミリーマート(株式会社神戸屋)
販売地域は、関東、中部、近畿、中国、四国。

 

 

130603motimotikurumipankoubeya       (写真/「くるみパン オブ・ザ・イヤー」

 

 

袋の中のパンは、冒頭の写真を見てね

 

優秀賞。
桜蔵(と書いて「さくら」と読むそうです。
「くるみとゴルゴンゾーラのカンパーニュ」。
販売地域は、愛知。

 

 

130603kuruminogorugonzoranokanpanyu        (写真/「くるみパン オブ・ザ・イヤー」)

 

 

実は私は、神戸屋は2,3年前に知ったばかりの
パン屋さんなのですが、結構かっています。

 

(この「かう」は「パンを買う」という「買う」
じゃなくて評価する方の「かう」ね。
もちろんパンを「買って」も、いるよ)

 

優秀賞の「桜蔵(さくら)」は聞いたことがないなぁ
と思ったら、愛知県のみの販売ということでした。

 

グランプリを受賞した、タカキベーカリーの
「くるみ食パン」を是非とも試してみねば……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す