アンフリュアンス「ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)」 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130307anfuryu

 

 

昨日に似ていますが 

ジャン=ポール・エヴァンが 〈 ルネサンス~原点回帰~ 〉
ということで 2002から2012年の歴代のビュッシュ・ド・ノエル
を期間限定で販売していました。

 

昨日のケーキは、そのうちの一つの「テール ア テール」。
そして今日のケーキは「アンフリュアンス」です。

 

ともにビュッシュ・ド・ノエルですので
形が似ているのは当然ですね。
それに色も似ていますしね。

 

クリスマスシーズンには、毎年、その年の
ビュッシュ・ド・ ノエルが発表されて店頭に並ぶよう。

 

したがって、昨日のビュッシュ・ド・ノエルと
今日のビュッシュ・ド・ノエルが同時
お店に並ぶことはありません。

 

 

 

 19世紀後半から作られるように

ビュッシュ・ド・ノエルは19世紀の後半から
パリで作られるようになったケーキです。

 

このブログでは以前、珍しい「パン」のビュッシュ・ド・ノエル
を見て頂いたことがありましたね。

 
121202busshudo

 

 

「ビュッシュ」が「木」や「丸太」を意味する語で
「ノエル」は「クリスマス」。
そこで「クリスマスの薪」を意味するそうです。

 

今日のケーキは2008年度のビィッシュ・ド・ノエル。

 

ヘーゼルナッツのダコワーズでフランボワーズの
コンポートを包み、ビターガナッシュで
コーティングしてあります。

 

表面を覆っている赤い色が、なんとも重厚でお洒落な
ジャン=ポール・エヴァンならではの「赤」。
まさに、ビッシュ・ド・ノエルの赤という感じです。

 

 

 

かなり異なる2つのビュッシュ・ド・ノエル

昨日と今日のビュッシュ・ド・ノエルは
一見、同じような印象も受けますが、よく見ると
かなり異なっているのがおわかりかと思います。

 

 

130421janporuevan130307anfuryu

 

 

昨日(上の写真)の「テール ア テール」は中が
横に段々と分かれていますね。

 

ですが今日(下の写真)の「アンフリュアンス」は渦巻き状。
当然、その色も、ということは材料と味が違うということです。

 

そして私の失敗である、下に敷いた布なのですが
「赤っぽい」という言葉で表現してしまえば、両方共赤なのですが
実際は、質感も色もがかなり異なるものです。

 

昨日のものは、透ける、透明のジョーゼットのようなものに
ゴールドとシルバー入った、少々キラキラしたものです。

 

それに対して今日の布は、全く正反対のちょっと厚めの
どっしり感のあるマットな布です。

 

色も、昨日のはオレンジ色に近い赤で
今日のはダークなえんじ色。

 

えっ?、「同じように見えるよ〜」ですって?
ごもっとも、ごもっとも、カメラの腕の悪さを猛省中(汗)。

 




スポンサードリンク



コメントを残す