夏衣 赤坂「塩野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618siononatugoromoendou

 

 

溜池や桐畑があったであろう場所に

地下鉄の「赤坂」駅と「国会議事堂」駅のちょうど真ん中ほどに
「溜池山王」という駅があります。

 

この「溜池山王」の名前の由来ともなった
赤坂の「ため池」や「桐畑」のお話はさせていただきましたね。

 

「溜池山王」とはいっても現在は、名前だけで溜池も
もちろん「桐畑」もありませんが。

 

「桐畑」があったであろう場所は、現在の住所表示で
いいますと、赤坂2丁目7番あたりから10番に
かけての場所だということです。

 

 

akasakatameikekiribatake「赤坂桐畑雨中夕けい」広重
「錦絵で楽しむ江戸の名所」

 

 

 

赤坂「塩野」初代店主は高橋十一さん

当時、「溜池」や「桐畑」があったあたりに
このお店があるのではないか、と思われるのが
今日御紹介する和菓子のお店「塩野」です。

 

現在の店主は「塩野」の2代目,高橋博さん。

 

現在の店主のお父様でいらした初代店主について
2代目の高橋博さんは、こんな風に語っていらっしゃいます。

 

「山形県の貧農出身で、しかも十一番目の子どもだったんです。
だから名前は十一と書いて、『といち』と読ませます」
(「パティシエと職人の素顔」から)

 

初代店主の高橋十一さんは
この「十一(といち)」をいう名前を人に説明する時は冗談で

 

「プラスマイナスと書いてください」(同上
といっていらしたそうですよ、おもしろいですね。

 

プラスマイナスという言い方、気に入っちゃいました!
そうですよね、人の一生、プラスもあればマイナスもあって
結局とんとんだったりしてね。

 

また、プラスマイナスという言葉は
陰陽を思い起こさせたりもして興味深い言葉です。

 

 

sionomap            地図(赤坂「塩野」

 

 

 

職長をしていたお店が廃業
→ 赤坂「塩野」をつくる

そんな深い意味を秘めたお名前をもつ
赤坂「塩野」の初代店主の高橋十一さんは

 

尋常小学校を卒業後、すぐに奉公に出たという
生粋の職人でいらしたそうです。

 

溜池にあった和菓子屋で職長をしていらした
そうですが残念なことに、そのお店が廃業。

 

そこで自宅兼工場で、細々和菓子を作り
販売をするようになりました。

 

戦後すぐは材料もままならなかったために
上生菓子は2,3種類だったそうですが
現在では10から13個ほども揃えているそう。

 

 

interview_wa_owner_004_20130618130812

(写真 赤坂「塩野」2代目店主 高橋博
「パティシエと職人の素顔」)

 

 

 

洋菓子ブームで和菓子はあまり売れない
→ 創意工夫で「塩野乃羊羹」が誕生

現在の店主である高橋博さんが大学を卒業した昭和40年頃は
洋菓子に人気があり、和菓子はあまり売れなかったととか。

 

幾種類かあった最中の数を減らし
一時期は和風喫茶を経営したり……。

 

また味の工夫や、伝統的な作り方を一部変えるなど
初代店主の高橋十一さんは工夫を凝らしました。

 

 

interview_wa004_intph004_20130618130936         (写真「パティシエと職人の素顔

 

 

「塩野乃羊羹」もこの時に生まれたお菓子だそうです。

 

長野県の諏訪に塩羊羹というお菓子がありますが
これをもとに赤坂「塩野」らしいものお菓子を作ろうと
研究に研究を重ねて作りあげました。

 

 

 

現当主、高橋博さんの心意気

現在の2代目店主である高橋博さんは
大阪の「鶴屋八幡」に修行に行っていらしたそうですが
1966年、赤坂「塩野」が忙しくなったこともあり呼び戻されます。

 

その十二年後、初代の高橋十一さんが亡くなられて
現在の店主である高橋博さんが2代目を継がれたそうです。

 

高橋博さんは

 

「やはり父、そして母が作ってきた『塩野』の伝統を守っていく
ことが自分の仕事だと思っています」

 

と基本は守りながらも、その場に留まるだけではない努力も
また重ねていらっしゃるようです。

 

130618natugoromoakasakasiono

 

 

「毎朝4時頃に起きて朝風呂に入り、5時には工場へ出る。
やはり店主が一番に入らないとぴしっとしませんですね。
それから9時まで仕事をして朝食をとるんです。
今年66歳になりましたが(注:2007年当時ですので現在は72歳)
まだまだ引退の年齢ではないですね。
60歳を過ぎてから合気道を初めて現在は二段。
1人2人は投げ飛ばしますよ。
仕事もあと30年はがんばるつもりです
(略)
やはりどんどん次のもの、次のものと思っていますから。
先へ進む努力を怠ってはいけないですね。」
(「パティシエと職人の素顔」)

 

となんとも頼もしく若々しい言葉には
こちらも背筋が伸びる思いです。

 

 

 

同じお菓子でしょうか?

ところで今日のお菓子の「夏衣」なのですが
バックがピンク色で黒い器にのっている上生菓子「夏衣」は
「塩野」のホームページに出ているものです。

 

その下のローゼンタール〈魔笛〉のティーカップソーサーにのっている
「夏衣」は、私が「塩野」で求めてきた上生菓子「夏衣」です。

 

 

Img01621         (写真/上が「塩野」 下が私)
130618natugoromosiono

 

 

同じお菓子とは思えないのですが、2種類あるのでしょうか?
あるいは「塩野」のホームページの方は裏返しているとか……(!)。

 

赤坂「塩野」の初代店主である高橋十一さんは
職長をしていらした溜池の和菓子屋さんが廃業してしまうという

 

マイナスを、最初は「細々」ながらも
ご自分のお店「塩野」をつくるというプラスに変えました。

 

また、洋菓子全盛時代にあってなんとか和菓子の魅力を
伝えたいと和菓子に工夫を重ねることにより
オリジナルの「塩野乃羊羹」を完成させました。

 

マイナスをプラスに変えるための努力と精進を
丁寧に積み重ねてまさに、ご自分の名前の如く
生きた方なのだという気がします。

 

ですので、この「塩野」の上生菓子「夏衣」
この美しい衣を重ねた和菓子も、

 

プラスとマイナス(裏と表)をお見せして
終わることにいたしましょう。

 




スポンサードリンク



コメントを残す