オレンジクロワッサン「蒜山ジャージーランド」リンコス六本木店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121225orenji

 

 

「オレンジクロワッサン」

袋には明記されていないようなのですが
これも蒜山ジャージー牧場の製品だと思います。

 

パサパサとしていなくて、かなりしっとり系でおいしいです。
ただ私としては、ちょっとクロワッサンという感じが
しなくないでもありませんが。

 

 

 

ジャージー牛飼育頭数日本一

「ひるぜんジャージーランド」という言葉も
昨日のガンジー牛乳のソフトクリームを食べたあとでは
ジャージー牛についての興味が俄然湧いてきました。

 

現在、ちょっとした牛フェチ状態。

 

「ひるぜんジャージーランド」は
ジャージー牛飼育頭数日本一を誇るそうです。

 

 

130620hiruzenjajirandohimawariusi

一面のヒマワリ畑
(写真「ひるらく自然図鑑」

 

 

 

ミルクは「ゴールデンミルク」と 

ジャージー牛は黒めがちの目に
カフェオレ色の牛毛のお洒落な牛さん。

 

世界の5大乳用種のなかでも
もっとも高い乳成分をもつ牛だそうです。
世界的に評価も高く、英国王室も御用達。

 

ジャージー牛は、体が小さめな牛ですので
とれるミルクの量もホルスタイン集の2/3ほどです。

 

ですが高タンパクで、ミネラル(カルシウム)や
ビタミンなどが豊富に含まれる栄養価の高い貴重なミルク。

 

またミルクの脂肪分がβカロテンによって黄色み
がかっているのでミルクの色も淡い黄色にみえます。

 

これは「GOLDEN-MILK(ゴールデンミルク」」
とも呼ばれているそうですよ。

 

ホームページに出ていたミルクの色も、チーズケーキや
ソフトクリームの色も、本当にほんのりとクリーム色でした。

 

 

130620hiruzenjajirandoniji

 

 

 

「ひるぜんジャージーランド」のホームページに 

「飼料について大まかに濃厚飼料(穀物類)と粗飼料(牧草類)の
二通り になります。

 

【粗飼料】は、蒜山産の牧草や稲ワラとアメリカ・カナダ
・オーストラリアからの輸入乾草を使用しております。

 

【濃厚飼料】は、メーカにより多少の差はありますが、主原料となる
トウモロコシ・大豆・麦などは、 アメリカ・カナダ・オーストラリア
・ウクライナなどのものです。
国産のものが使用される予定はございません。」
「蒜山酪農農業協同組合HP」

 

私は最初、意味がわからなかったのですが
「国産のものが使用される予定はございません。」
というのは、放射能の影響のことなのでしょうか。

 

たしかに、どんなによい環境で牛を飼育し、
素晴らしい製法で作った乳製品であろうと
かんじんの牛さんの食べるものが放射能まみれではね。

 

そんなことを心配しなくてはいけない
現在の日本の状況は悲しいですね。

 

日本でばらまいている放射能は、日本だけにとどまるものではなく
地上でも海中でも広い範囲に影響を及ぼしているようです。

 

世界中が、放射能の心配などする必要がない日が
一日も早く訪れますように!

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください