オークの葉っぱ「カラス作(多分)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130522oakkaodai

 

 

 オークの葉っぱが……

1ヵ月ほど前、オークの葉っぱが
何者かにちぎられて、鉢のまわり付近に落ちている
という事件(?)が何度かありました。

 

このお皿に載せてある葉っぱの形は、落ちていた
そのままの形で、私は一切手を加えていません。

 

ちぎり方に法則性があるようにも思えます。

 

さやえんどうの筋を取るが如く、オークの葉っぱの
半分側を、ピーッと引っ張ったような感じ。

 

この写真に撮ったもの以外にも
数枚が同じような被害にあっています。

 

 

 

「犯人」は?

私以外でこのオークの木に触れることができるのは
カラスとスズメと隣りのおじさん(!)しかいません。

 

スズメは体が小さすぎるので、やはり「犯人」といいますか
「制作者」はカラスでしょうか?

 

カラスもスズメも、葉っぱは食べないと
思うので、そうなりますと、単にいたずらなのでしょうか。

 

「私の大事なオークちゃんをかじるのはやめてくれ〜」と
念じていたせいか、最近はこのようなこともなくなり
ホッとしているところです。

 

 

 

葉の形が変形

とこちらは一難去ったのですが
実は、もっと根本的な問題も勃発しているのです。

 

昨年5月くらいに新芽が出て、葉っぱが育った後に
第二弾ともいうべき一群の新芽が出ました。

 

 

120616oak

 

 

その新芽は、普通の今までのやわやわ黄緑色の
新芽ではなく、赤っぽく、葉の先が尖った
今までのオークの葉と異なった様態をしていました。

 

なかにはこんなに形が壊れているものも。
(写真がボケてますが)

 

 

120906oak.hen

 

 

 

ばっさり伐採してもダメでした

そこで、昨年の葉が落ちる前、
多分9月頃だったでしょうか、その猛々しく変化した
部分の枝を全てバッサリと切ってしまいました。

 

翌年の新芽が、またもとの可愛い
丸っこいオークの葉っぱに戻ってくれるように
との期待を込めて。

 

ですが、全部思いきって切った枝の先には
去年の第2弾の葉っぱと同じような
芽が出てきてしまったのです。

 

この写真は以前、スウェーデン大使館での
クイズの時に使った写真です。
「スウェーデン大使館『The Swedish Embassy
has the answer』スウェーデン大使館」

 

 

130605sweden

 

 

この写真でいいますと、右側に見えるのが
変身してしまったオークの葉です。

 

左側に少し見えているのが本来のこのオークの葉形。
この写真ですと色の違いがあまりわかりませんが。

 

右の「変身葉」は、左の「本来の葉」の黄緑色に比べて
緑色がかなり濃いのも特徴です。

 

 

 

去年から  人が  木が変わったみたい

このオークがうちにきてから毎年、新芽が出ましたが
当然のことながら、それらは全て同じような形と色。

 

昨年の最初の新芽まではそうだったのです。

 

ところが、最初の新芽から3ヵ月ほどで
2度目の新芽がでるという初めての経験をした時から
葉っぱの形と色が急に変わってしまいました。

 

まるで、2本の木が一諸に植えられている
かのようにも見えます。

 

こんなことって、あるのでしょうか?
不思議です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す