シーザーサラダ温泉たまご添え「ディーン&ディルーカ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121230siza-470x333

 

 

今日は7月14日パリ祭

10日前の7月4日、アメリカの独立記念日には
「シーザーサラダ」のお誕生日ということで
「シーザーサラダの誕生秘話(?)」を御紹介しました。

 

この「シーザーサラダ」の誕生日7月4日説は、
「シーザーサラダ友の会」から教えて頂いた情報によるものでした。

 

一方、「Wikipedia」では、その十日後の7月14日が誕生日だと記載
されていましたので、今日も「シーザーサラダ」の
御紹介をしましょう。

 

(とはいいつつ、私は「シーザーサラダ友の会」の
7月4日説を信用していますが)

 

 

 

正反対の感想

今日の『シーザーサラダ」はディーン&デルーカ」
のものですが、これの感想を書いている方がいました。

 

出ていたのは2つなのですが、おもしろいのは
二人の人が全く正反対の感想を述べていこと。

 

このディーン&デルーカの「シーザーサラダ」にのっている
チキンはアジアンテイストという、
ちょっと甘辛目の味付けがしてあります。

 

それについての2つの意見なのですが、一人の人は

 

「さすがディーン&デルーカ、チキンの
味付けまで手が込んでいる」という高評価。

 

一方、「普通の塩コショウの味付けでいいのに……」
と不満げな意見。

 

 

 

 アジアンテイストのチキン、私は高評価

おもしろいですね。

 

もちろん、同じディーン&デルーカの「シーザーサラダ」
だからといって、二人の方が食べたものは
場所も時間も違うので、全く同じものではありませんが。

 

ですが、それを差し引いたとしても、全く反対の意見、
感想は当然ありえることでしょうね。
好みの問題ですから。

 

で、私の感想のディーン&デルーカの
「シーザーサラダ」の感想ですが前者と同じでした。
チキンの味付けがとても個性的で、美味しいと感じました。

 

しかも、本来お肉があまり好きではない私にとっては
このディーン&デルーカの「シーザーサラダ」のお肉は、
お肉お肉しておらず、食べやすく嬉しい調理法のチキンでした。

 

また食べたいです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す