ゴーダブラックペッパー「ヘンリヴィリッグ」麻布十番ボン・ルパ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618godatizu

 

 

今日は麻布十番でチーズを

普段、私は「やまや」の赤坂店でチーズを買うことが
多いのですが、今日は麻布十番の「ボン・ルパ」で
買ってみることにしました。

 

やはりお店によって扱っているチーズが
違いますので、見るだけでも楽しいですね。

 

いくつか買ってそれぞれ美味しかったのですが
一つ失敗をしてしまいました。

 

 

 

「ゴーダ」は日本人に親しみやすい?!

嫌いなチーズを買ってしまったのです。
多分、10年いや20年近く買っていなかったゴーダチーズです。

 

黒コショウが入っていて、ちょっと美味しそうに
見えてしまったのですよね。

 

今回「ボン・ルパ」のホームページを見て驚きました。

 

日本人の味覚にもっとも親しみやすいチーズの一つが
オランダ産の「ゴーダ」だと書いてあるのです。

 

「プロセスチーズの原料にも使われるほどクセのない味わいが
人気で、通称『赤玉』と呼ばれる「エダム」とともに
オランダを代表するチーズです」(「ボン・ルパ」HP)

 

なんですと。
う〜む、かなり驚き!

 

 

130622tizujukuseiko        チーズ店内熟成庫(写真/「ボン・ルパ」HP

 

 

 

「ボン・ルパ」には150〜200種類のチーズが

「ボン・ルパ」の本店は大阪にあるようですが
これらの「ボン・ルパ」を運営している
会社が「株式会社 徳岡」。

 

「株式会社 徳岡」は酒類・食品類の
小売り・卸し及び輸入をしているようです。

 

季節により差はあるようですが
「ボン・ルパ」の店内には
基本的に、150から200種のチーズがあるそうです。

 

年に何度も生産者を直接訪問もしていて
日本ではポピュラーなフランスチーズから
伝統製法で生乳から作られるフェルミエ
(農家製)チーズまでも扱っています。

 

チーズは熟成期間によってその味がかなり違いますが
その最適な食べ頃で提供出来るように
毎週空輸便で直送しているとのこと。

 

また、日本には数店舗しかないともいう
店内熟成庫があるそうですよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す