抹茶の練り込みクッキー「山本道子の店」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120705yamamitimere

 

 

「村上開新堂」5代目

「山本道子の店」のクッキーです。

 

この「山本道子の店」というのは、百年以上の歴史を誇る
「村上開新堂」の5代目にあたる方のお店です。

 

「山本道子の店」は1989(平成2)年に
「村上開新堂」のお隣りにできたそうです。

 

 

 

1868年に始まる歴史

「村上開新堂」の歴史は、明治初年(1868年)
国家政策の一環としての洋菓子作りの技術の習得を
「村上光保(むらかみみつやす)」が命じられたことに始まります。

 

語学も堪能であった2代目「一政(かずまさ)」は
本場フランスの洋菓子製造の記述を研究してお菓子作りをしました。

 

その「一政」の弟、3代目「二郎」は
より一層日本人の好みに合うお菓子の完成に力を注ぎます。

 

「二郎」の娘が4代目の「寿美子」、その娘である5代目が
今日のクッキーのお店の名前である「山本道子」ということになります。

 

①村上光保……②一政
③二郎…..④.寿美子……⑤道子

 

 

 

あえて2種類のクッキーを一緒に

お皿の左下、手前にあるのはメレンゲ抹茶クッキー。
左上のクッキーも抹茶のクッキーですが、こちらは
アイスボックスクッキーですね。

 

この2種類のクッキーは一つの缶におさめられていました。

 

買うときは、両方抹茶味ではなく、一つは別のものの方が
いいなあとも思わないでもありませんでした。

 

ですが食べてみて、同じ抹茶のクッキーなのに
こんなに味が違うものなのだとびっくり。
あえて一諸に一つの缶に収めてあるのだと納得した次第。

 

 

item02_thumb        (写真/「村上開新堂・クッキー」

 

 

 

お洒落な御夫妻が

私がこのクッキーを買っていたときのことです。
「村上開新堂」のレストランに予約をしていたと思われる
御家族がお車でいらっしゃいました。

 

車から降りてこられたのは、少々歩くのに不便そうな
ステッキを持った年輩の男性と、その奥様らしき人。

 

その男性は、白っぽいスーツをお召しになっていて
とてもお洒落な雰囲気でした。

 

「村上開新堂」のレストランに、とてもお似合いの
お客様のように感じられたものです。

 

 

 

映画の1シーンのような

私のように、お店を閉める時間にあわて駆け込む
がさつなものとは違ってね。

 

(その時、他の店員さんに「閉店です」とにべもなく断られそう
になったのですが、山本道子さんとおぼしき方は微笑みながら
クッキーを出してくれました)

 

御家族で大切に守られてきた「村上開新堂」に
素敵なお洒落をして訪れる常連の御家族。

 

その男性が車から降りられた瞬間が、ストップモーション
のような、あるいは映画の1シーンを見ているような
気がしたのを覚えています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す