サンドイッチの残りの耳を利用した「揚げパンスナック」 「末広製菓」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130424arare

 

 

「ソースあられ たこ焼き風味」

新潟の末広製菓がつくっているあられです。

 

「ソース」なのか、と聞かれればソース味という気もしますし、
「たこ焼き風味」か、と言われれば
たこ焼きのようでもあるのですが……。

 

見かけは結構ふつうなのですが
複雑でちょっと変わった味に思えました。
一袋、50グラム入。

 

 

 

揚げパンスナック

作っている会社「末広製菓」のホームページ
「ソースあられ」より興味深いお菓子を見つけました。

 

パンの耳を利用したスナック「揚げパンスナック」と
「スティックラスク」です。

 

「末広製菓」はサンドイッチも作っているようで
サンドイッチを作る時にパンの耳が大量にでてしまうため
家畜飼料としてリサイクルをしていました。

 

しかし何とか食品として利用出来ないものかと考えて作ったのが
「揚げパンスナック」と「スティックラスク」だったのです。

 

 

 

パンの耳にもち米を配合

そこでおもしろいのは、「末広製菓」がもともとは
あられやおせんべいといった米菓の会社だったので
その技術を利用したこと。

 

 

basket-300x210           (写真/「末広製菓」

 

 

パンの耳をお菓子にするという、今までにない取り組みに
もち米を使用してみることに……。

 

もち米とパンの耳の配合に工夫を凝らし、何度も試した後に
新しいスナック菓子の「揚げパンスナック」が誕生します。

 

このパンの耳を使用した「揚げパンスナック」は平成19年度の
「食品リサイクル推進環境大臣賞」を受賞したようです。

 

 

 

幼稚園のおやつ「パンの耳」

私が幼稚園の頃、パンの耳の揚げたものに
お砂糖がまぶしてあるおやつが出たことがありました。

 

私はこの「パンの耳の変身おやつ」の
美味しさに驚きました。

 

普段はいやいや食べている、あのパンの耳が
「こんなにおいしいおやつに生まれ変わるなんて!」
と子ども心にかなり感動をしたのです。

 

うちに帰って母にも話しました。
(でも、作ってくれなかったような気もしますが)

 

その時の私がいかに感動したかという証拠(?)としては
幼稚園のおやつで、このパンの耳以外のものは
何一つ覚えていないことです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す