クリームチーズ(フルーツ&ナッツ)「ジャイクロ」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

o0600047512283468146

 

 

ナッツやドライフルーツの入ったチーズ

「やまや」赤坂店で買ったクリームチーズ。

ナッツやドライフルーツが入っている
ジャイクロのクリームチーズです。

 

アプリコット、干しブドウ、ココナッツなどが
入っている甘いデザートのようなチーズ。

 

まわりはぐるっとココナッツで
コーティングされています。

 

 

 

クリームチーズ専門メーカー

ジャイクロはオーストラリアの
クリームチーズ専門のメーカーです。

 

オーストラリアの品評会では受賞の
常連メーカーでもあります。

 

2007年
シドニーロイヤルチーズ&デイリープロデュースショー
2008年
オーストラリア・デイリープロダクト・アワード
と2年連続しての受賞等々。

 

オーストラリア、メルボルンの大自然の中にある牧場。
そこで飼育された牛の、良質な牛乳を使って作った
クリームチーズです。

 

 

05661-p02ジャイクロ「メロン&マンゴー」
マンゴー,マスクメロン,パパイヤなどが入り
まわりのコーティングはアーモンドの甘いクリームチーズ

 

 

 

イタリアから来た人が作ったのが始まり

このチーズの始まりは1928年にイタリアからの
移民が作ったものでした。

 

動機は、母親の作るお料理に合うチーズを
作りたいということだったそう。

 

そこから、ジャイクロのクリームチーズ作りが
スタートしたそうですよ。

 

このクリームチーズは最初の望み通りに
お料理に合うチーズと評判になりました。

 

 

05661-p04        ジャイクロ「アプリコット&アーモンド」

 

 

 

ビジネス展開は以外にも遅かった

ですが、味で評判になったものの
本格的なビジネスとなったのはかなり後のこと。

 

キャサリンロス氏とジョン氏によって
製造設備を整えてクリームチーズ作りを
始めたのは1996年になってからでした。

 

その後,ジャイクロクリームチーズは
クリームチーズの分野で、たちまち大きなシェアを
誇るほどになり、急成長をとげました。

 

 

05661-p06ジャイクロ「グリーンペッパーコーン」
粉末ではなく,すりつぶしたグリーンペッパーの実が
入っているそうですので、カットは小さめの方がいいかも
甘いデザートではなく,オードブルに最適

 

 

 

 全部で7種類

私はやまやでは、この「フルーツ&ナッツ」しか
見たことがないような気もするのですが、

 

ジャイクロのクリームチーズには、
全部で7種類ほどあるそうです。

 

1 「ハーブ&ガーリック」
2 「アプリコット&アーモンド」
3 「アプリコット&ラム」
4 「メロン&マンゴー」
5 「グリーンベッパーコーン」

6 「メディタリアン(地中海風)」と
7 「スウィートチリ」。

 

 

05661-p05ジャイクロ「アプリコット&ラム」
ラム風味のアプリコットとレーズンが入った
チーズケーキのようなデザートクリームチーズ

 

 

 

色々なクリームチーズの楽しみ

上の5種類は何となく想像がつくクリームチーズですが
6,7の2つがおもしろいのですね。

 

6の「メディタリアン」の方は
地中海特産のハーブや野菜が
たくさんはいっているものだそうです。

 

 

05661-p07       ジャイクロ「メディタリアン」

 

 

また7の「スウィートチリ」は
東南アジアでよく使われるスウィートチリを
ベースにしたクリームチーズ。

 

 

05661-p08       ジャイクロ「スウィートチリ」

 

 

色は、スウィートチリの赤い色をしていますが
見かけほど辛くはなくマイルドな辛さなのだとか。
となるとどれも試してみたくなりますね。

 

「単にクリームチーズを食するのではなく
クリームチーズをよりスペシャリティーのある
チーズとして広く食してもらいたい」

 

とジャイクロクリームチーズを作った
キャサリンロス氏とジョン氏は考えているそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す