「稲妻模様」と「雷模様」は別の模様 「稲穂」溜池山王駅(南北線)アート7 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130727inahotameikesannouekiato

 

 

溜池山王駅アート「稲穂」

実を結んで重たく頭をさげている稲穂の右上にあるのは
「鳴子(なるこ)」ですね。

 

稲穂を食べるためにくるスズメを追い払うものです。
案山子と同じような役目でしょうか。

 

今日の作品も、京都の茂山千作家所蔵の肩衣。
「稲と鳴子文様肩衣」。

 

 

forkedtwistedlightning-dv185052b-tn   (写真/「ナショナルジオグラフィック公式日本語サイト」)

 

 

 

稲妻模様の唐織り(能装束)

このピカピカッと、夜の暗い空が一瞬明るくなるほどの稲妻を
模様にしたものが次の小袖です。

 

これは昨年の東京ミッドタウンでのサントリー美術館で
開催された「毛利家の至宝展」でも陳列された能装束です。

 

 

12.6.2.moehgi

「萌黄・紅地唐織山道菊・桐紋片身替小袖 (もえぎ・べにじからおりやまみちぎく・きりもんかたみがわりこそで)」
(写真/「サントリー美術館」)

 

 

この唐織りの名前には「山道」という言葉が見えますが
これに関しては、このような説明がありました。

 

「山形を横に連ねた稲妻形を地文様とし、そのうえに
様々な色糸で菊紋と桐紋を織りあらわしている。」
戦国ふぁっしょん武将の美学「徳川美術館」

 

豊臣秀吉が毛利輝元(1553〜1625)に与えたと伝えられている
能装束の唐織の小袖で、桃山時代の代表的な唐織りです。

 

カミナリとイナズマといいますと、何となく同じようなものと
思ってしまいますが、「稲妻文様」と「雷文様」とは
厳密にいいますと異なっているようです。

 

今日のジグザグジグザグが「稲妻文様」です。

 

 

kuromaiinaho370

 

 

 

雷模様の陣羽織(歌舞伎衣装)

次の写真は、歌舞伎の衣装で陣羽織です。

 

「黒地雲竜稲妻文様」という名前で、「稲妻」と
表現されていますが、こちらが「雷文様」だということです。

 

あえてたとえれば、稲妻はジグザグ模様、
雷は四角いかたまり模様でしょうか?

 

 

p_b      (写真/「千束屋の歌舞伎衣装とその意匠Ⅱ」)

 

 

 

「稲妻」=「稲」が「妻」

なぜ、今日は「溜池山王駅アート」の「稲穂」の紹介なのに
稲妻の話ばかりしているのかといいますと……、
稲の夫が稲妻だからなのです(?)。

 

10年以上前だと思いますが、日本の文様の本を読みました。
その本の中に、今日のジグザグジグザグの稲妻模様も出てきて
そこで、私は初めて気づいたのです。

 

それまでは、小さい頃から「イナズマ」という言葉は使っていますが
その言葉の意味など考えたことがありませんでした。

 

 

a256050c

 

 

「稲妻」さんとは、「稲」が「妻」である人(?)という意味です。
つまり「ヒラリー妻」さんは、「ヒラリー」が「妻」である
「クリントン」さんという具合。

 

昔は、イナズマがよく鳴る年は稲が豊作になるともいわれていました。
そこで、「イナズマ=稲が妻」という名前になったのだそうです。

 

とここで全然関係ないことが嬉しいのですが、今日のブログには
狂言の装束・能装束・歌舞伎の装束と三つが揃いましたね!

 




スポンサードリンク



コメントを残す