富士山尽くし「中川政七商店街」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!
130801hujisanguzu

 

先月の3日に、東京ミッドタウンに新たに入ったお店「中川政七商店」の
富士山のおせんべいを紹介しましたね。

 

今日は、その「中川政七商店」で「富士山尽くし」といいましょうか
富士山ものを集めた「富士山グッズ展」(?)の御紹介を。

 

この「富士山グッズ展」が、いつから始まったのかはわかりませんが
私が訪れたのは先月の30日でした。

 

その時に「明日で終わりです」といわれましたので
7月31日で終了しており、現在はもうありません。

 

驚いたことには、ここに飾ってある「富士山グッズ」の多くのものは
完売してしまっているそうです。

 

万一、欲しいというものがあったとしても、私が訪れた時には
もう手に入らないという人気ぶりだったようです。

 

まあ、以前紹介した「富士山のおせんべい」のようなものは
定番ですのでいつでもありますが、
今回、富士山の世界遺産登録にあやかって
いくつかの商品が作られたのでしょうか?

 

それとも私が知らないだけで、富士山モノは
定番の人気商品なのかな?

 

そのどちらかはわかりませんが、どちらにしても
この「富士山グッズ展」笑っちゃいました。

 

そこで早速、1枚目の写真ですが、台の脇の
右側にたててあるものは、なんと「富士山傘」!

 

「富士山のおせんべい」の方は
次の写真に、横三列、縦二段に重ねてある箱がそうです。
130801nakagawaseisitishouten

 

その「富士山のおせんべい」の右側にあるものは
「富士山バッグ」。

 

「富士山バッグ」とはいえ、富士山の絵が
お風呂屋さんのペンキ絵よろしく描かれているものではありません。

 

富士山に見立てた水色の三角形が連続模様のように
描かれているものです。

 

知らない人が見て、一瞬で「富士山!」とは思わないでしょう。
ですから、いわれてみれば「富士山」、
黙っていれば、日本の「鱗文様」のような感じですね。

 

そして1枚目の写真の、一段低くなっている
左の前の部分だけを写したものが次の写真です。
130801nakagawaseisitishoutenhujisanguzzu

 

左の前にあるもの、すぐおわかりになりましたか?
これ、あぶちゃん……なんていうんでしたっけ?……

 

あっそう、「よだれかけ」っていうんでしたよね、たしか。
それです。
笑っちゃいますよね、富士山の「よだれかけ」!

 

「富士山のよだれかけ」の後ろは「富士山クラッカー」。
そして右の後ろにたててあるのは「富士山のけん玉」です。
もう、何でもありって感じです。

 

是非とも手に入れたい、というものではありませんが
見ていて本当に笑っちゃう楽しいものでした。

 

「中川政七商店」が東京ミッドタウンタウンに入ったのは
ほんの数ヶ月前のことです。

 

そして、場所も本当に狭くて、一軒のお店、というよりは
この写真のコーナーとレジだけが、東京ミッドタウンの
通路の真中にある、という不思議なお店です。
そしてもっと不思議だと思うのは、他の「中川政七商店」は
どうなのかわからないのですが,この東京ミッドタウンの
「中川政七商店」はレシートには
「中川政七商店街」となっていることです。

 

って、そんなことはどうでもいいように思えてしまうほど
「富士山グッズ」は楽しくて笑えましたよ。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “富士山尽くし「中川政七商店街」東京ミッドタウン

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    中川政七商店街(笑)
    一軒だけなのに商店街(笑)
    ジワジワきますね(笑)
    富士山グッズ展も面白いですね、これ
    中には、このグッズ展から購入してきて普通に使っていたら富士山だかなんだか分からないもの多数。ただの青と白やん!というものまで(笑)
    すっかり富士山フィーバーですな〜!
    入山料1000円でも登山客が減らなかったという富士山。
    噴火の心配がつきまとっているけど、あの形は崩れないで欲しいなぁ。
    あ、そういえば、グランドキャニオンは昔からお金を取ってますね。
    海外の有名な山も入山料はとっくの昔から徴収してますよね?
    富士山は逆にそういうお金をこれまで取ってなかったのて何気に凄いですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    不思議でしょう?
    何なんですねん、って感じです。
    そう、だからもし富士山グッズなんだぞ、ということを知らしめたい時には、一々説明をしなくちゃいけないってわけ。
    中川政七商店「街」に限らず、あちらこちらで富士山グッズをみるような気も……。
    でも、ここの富士山グッズがいちばんおもしろい。
    グランドキャニオンは料金払うんだ〜。
    言われてみれば当たり前だよね。
    観光地だからそれなりに潤うかもしれないけど、やはり整備等ではかなり必要だものね。
    うん、富士山、今までがんぱっていたんだね。
    でもそれって、行政というよりボランティアに頼っていたのではないだろうか、とも思う。
    噴火しないで〜!!

コメントを残す