チョコフレーク(つぶつぶいちご)「日清シスコ株式会社」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130208tyokofureku

 

日清シスコ株式会社の「チョコフレーク」です。

 

ところで、「チョコフレーク」の原料って、何だと思いますか?
たとえば今回のもののように「つぶつぶいちご」などという
外側にコーティングされたものは別としまして……。

 

小さい頃から食べているのに「チョコフレーク」が
何からできているのだろう、
なんて考えたこともありませんでした。

 

今回初めて知ったのですが(←ヒドイッ!)
「チョコフレーク」の原料は、とうもろこしなんですね。

 

そっか~、そういえばそうでした。
「チョコフレーク」というと「コーン」が消えてしまっていますが
「コーンフレーク」にチョコレートがコーティングして
あるわけですから。その「コーンフレーク」とは
「corn」の「flakes」ですものね!

 

この「チョコフレーク つぶつぶいちご」は
2012年の11月5日に発売されています。

 

その時に、「チョコフレーク つぶつぶいちご」と一諸に
「シスコーンBIG いちご味」と「しっとりケーキ いちご」という
イチゴ商品3つが同時に、日清シスコ株式会社から発売されました。

 

シリアル、半生菓子、チョコスナックジャンル、それぞれで
「イチゴ関連商品」が発売されたわけです。

 

「チョコフレーク」自体の歴史は長く
1968年に発売されていますので、あと5年で、発売50周年を迎えます。

 

ですが、「チョコフレーク」のイチゴ版である
「チョコフレーク つぶつぶいちご」は期間限定の商品です。

 

といいましても今回の販売期間が過ぎてしまったら
もう2度と「チョコフレーク つぶつぶいちご」と
出会えないのかといえばさにあらず
毎年、季節になると登場しているようです。

 

一年前もこの「チョコフレーク  つぶつぶいちご」は
発売されていますが、今回のものは
前の「チョコフレーク つぶつぶいちご」より
コーティングされている、いちご顆粒が多くなっているそう。

 

というように名前は同じでも、中身は年々、
変化(進化?)しているのかもしませんね。

 

「チョコフレーク つぶつぶいちご」の袋を開けた瞬間から
イチゴの香りが香ります。

 

味は、ちょっといちごの酸っぱい味もしますが
ミルクの味がする、あま〜い「チョコフレーク」
という感じでした。

 

しかし、いちご関連商品が11月に発売されるというのも
何か不思議な感じがしますが……。




スポンサードリンク



コメントを残す