フェレロロシェ「日本フェレロ株式会社」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130123hereko

 

 

「日本フェレロ株式会社」は南麻布

このチョコレート、いろいろなところでよく見かけますね。
イタリアの「フェレロロシェ(Ferrero Rocher)」です。
カロリーは1つあたり73.6キロカロリー。

 

原材料名は、
ミルクチョコレート、ヘーゼルナッツ、砂糖、植物油、
小麦粉、ホエー粉末、低脂肪ココアパウダー、塩、
添加レシチン、ふくらし粉、バニリン。

 

原材料名は、多く含まれる順に書いてありますので、最初に挙げた
ミルクチョコレートが全体の30パーセントにあたります。

 

ミルクチョコレートの内訳は、
砂糖、ココアバター、カカオマス、スキムミルクパウダー、
無水乳脂肪、添加レシチン、バニリン。

 

 

140510hezerynattu   「フェレロロシェ」に2番目に多く含まれるヘーゼルナッツ

 

 

2番目に多く含まれているヘーゼルナッツは
全体の28,5パーセントです。

 

「フェレロロシェ」を作っているフィレロコーポレートの
日本の会社「日本フェレロ株式会社」は南麻布にあります。

 

(日本フェレロ株式会社
東京都港区南麻布5−2−32 興和広尾ビル2F)

 

 

ferrerorocher     フェレロロシェ(写真/「FERRERO  CORPORATE」)

 

 

 

1946年に誕生

「フェレロロシェ」を作っている「フェレロ」の
歴史は1946年、ピエラとピエトロ・フェレロ
(Piera & Pietro)夫妻によって始まりました。

 

場所はイタリア北部ピエモンテ州のアルバ。
後に本社機能はトリノ近郊のビーノ・トリネーゼに移転して
いますが、生産拠点や登記上の本社は現在もアルバにあります。

 

 

taly          ピエモンテ州アルバ(同上)

 

 

最初はヘーゼルナッツとココアパウダーを
混ぜたパン用のクリームを作ったのだそうです。

 

戦争で足りなくなったしまったカカオを補うために
ベーゼルナッツと組み合わせて軽い仕上がりにしました。

 

ということは(少なくともピエトロ・フェレロが
これを作った地方では)ヘーゼルナッツより、カカオの方が
手に入りにくいもので貴重品でもあったというわけですね。

 

 

ded48efe-s               カカオ

 

 

 

今の「フェレロロシェ」は1982年生まれ

会社はピエラとピエトロ夫妻の息子・ミケーレ(Michele)に受け
継がれ、彼等の製品はドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、
オーストラリア、スイス、スウェーデン、アイルランド等に進出。

 

そして現在は、3代目にあたるジョヴァンニ・フェレロ
(Giovanni  Ferrero)が会社のいっそうの発展に挑戦しています。

 

今、私たちが手に入れている「フェレロロシェ」が
できたのは1982年のことでした。

 

最初はイタリア、フランス、イギリスなどで
販売されていましたが後に世界中に広まって行き
現在では、世界5大陸の140カ国で販売されているそうです。
「FERRERO CORPORATE」

 

 

5gatuteacupoak

 

 

 

チョコレートはちょっと力不足かな?

おいしい「フェレロロシェ」ではありますが
私はチョコレートの部分がちょっと残念な気もしました。

 

もちろんそれは「フェレロロッシェ」に限ったことではなく
この類いのお菓子全般に言えることですが。
まあ、この価格のお菓子にそこまで供給するのは酷ですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.