「明太子」と名づけられた理由 セザム明太子フロマジー

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130325sezamu

 

 

デリフランスの「セザム明太子フロマジー」

なのですが、デリフランスのサイトには出ていませんでした。

 

名前についている「セザム」ですが
これはフランス語で「ゴマ」という意味だそうです。

 

英語の「セサミ」なのかな。
つまり、ゴマと明太子が入っているよ、ということ。

 

 

 

明太子は、なぜ明太子っていうの?

明太子は知らない人はいないと思うほど
日本では有名なたべものですよね。

 

では、その「明太子」の意味って知っていますか?
私はもちろん、知りませんでしたが。

 

 

sukeso               (写真/「稚内水産試験場」

 

 

産卵前のメスのスケトウダラのお腹からとった
「タラコ」を塩漬けにしたあと、調味料で
味を付けて熟成されたものが明太子です。

 

と、ここまではわかりますね。

 

それがなぜ「めんたいこ」という名前かといいますと
韓国ではスケトウダラのことを
「明太(ミョンテ)」というそうです。

 

そして、これを日本人は「メンタイ」といい、
「タラコ」に対しても「メンタイ」と呼んでいました。

 

スケトウダラ「明太(メンタ)」の子だから
「明太子」なんですと。

 

 

 

明太子は塩辛の一種

また明太子は辛くておいしくて、私はなんとなく
キムチの親戚(?)のような気もしていたのですが
明太子は、「塩辛」の一種なのだそう。

 

韓国では「ミョンランジョッ」と呼ばれていて
市場などでは樽詰めで売られているそうです。

 

それにそれぞれの家庭の好みに合わせて
ゴマや油やニンニクをかけて食べるそう。
おいしそうですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す