同じイワシですが……「アンチョビ」と「オイルサーディン」 アンチョビのフォカッチャ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130125antyobi

 

 

パンにアンチョビ!

ピエール・ガニョール パン・エ・ガトーのアンチョビのフォッカチャ。
売り場ではあまり感じなかったのですが、家に帰って
袋から出したとたん、アンチョビの香りがかなり漂いました。

 

最初はちょっと塩辛いという感じもしましたが……。
でも最近は甘すぎるパンにちょっと飽きてきているので
かえって嬉しい。

 

食べ慣れるとクセになりそうな気がするお味でした。
と書いて気づいたのですが私は最近、ブルーチーズも含めて
変な匂いのする塩っぱいものが好きになってきたようです。

 

味覚がやっと大人に近くなってきたのでしょうか?

 

 

antyobi300            (写真/「西湘の生活ブログ」

 

 

 

同じイワシでも……

アンチョビはイワシを塩漬けした後に頭をとり
お塩まぶしのような状態で本漬けをします。

 

そしてなんと6ヵ月以上、長期の熟成をさせて
骨や内蔵をとってオリーブオイルで感に詰めたものだそうです。

 

同じ缶詰のイワシで「オイルサーディン」がありますが
こちらはアンチョビとは全く違うものです。

 

 

oirusadhin      (写真/「日光『ふぃふぁ山荘』元単身赴任日記」

 

 

「オイルサーディン」はイワシを茹でてから
オリーブオイルと一諸に缶に詰めたもの。

 

「オイルサーディン」はイワシの味がしますが
「アンチョビ」になると、これはもう元は何だったの?
というくらい、味が変化しています。

 

そして「オイルサーディン」がそのまま食するのに対して
「アンチョビ」は塩気のきついこともありますが

 

そのまま食べるものというよりは、調味料的に使われるものですね。
イタリア料理のソースに隠し味として使われることが多いようです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す