「アークヒルズ音楽週間2013」 ブログ2周年

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130518arkhills

 

 

ありがとう!

2011年10月13日に始まったこのブログも
今日で2周年目を迎えることができました。
みなさま、ありがとうございます!

 

2011年はアークヒルズが25周年を迎えた記念すべき年。
それを記念して「アークヒルズ音楽週間」という
音楽がアークヒルズに満ちあふれるイベントが始まりました。

 

その2011年10月13日には、サントリーホールでは
ウィーンフィルハーモニーの演奏会が開催されました。

 

その演奏会の様子をNHKの協力のもと、サントリーホールの外の
カラヤン広場でも聞くことができた日でした。
残念ながら私は、ホールの中ではなくカラヤン広場でしたが。

 

 

 

「ムジークフェライン(楽友協会ホール)」

次のウィーンフィルハーモニーの写真は
サントリーホールのものではなく
彼等の本拠地であるウィーンの楽友協会の大ホールでのものです。

 

 

k1264333046

ウィーンフィルハーモニー
ウィーンの楽友協会大ホール
「Wiener Musikverein(ヴィーナー・ムジークフェライン)」
(写真/「関心空間」)

 

 

日本で「楽友協会ホール」と呼んでいる
「ヴィーナー・ムジークフェライン」ができたのは1870年。

 

東京で初めてコンサート専用のホールである
「サントリーホール」ができたのが1986年です。
サントリーホールは今年27年になります。

 

「ムージクフェラインのほうがサントリーホールより17年早くできた」
のではありませんよ。
17年ではなくて、117年も早くできているのですね。

 

建物が必要になるとは、そこで演奏するオーケストラが既に
存在したということでもあります。

 

ウィーンフィルハーモニーの創立は1842年。
一方、日本で最初のオーケストラであるNHK交響楽団
(創立時は「新交響楽団」と名乗っていました)は
1926年にできました。

 

NHK交響楽団となったのは1951年です。

 

そんなウィーンフィルハーモニーの演奏を聴いた感動もさめやら
ぬ2011年10月13日の深夜私はブログを書き始めたのです。
その時点では、ネットショップはできていませんでしたが。

 

 

 

1993年、2003年、そして2013年

そのサントリーホールの位置は、今日の1枚目の写真の右側の方になります。
サントリーホールのメインホールが次の写真です。

 

 

SUNTRYHALLmain_hall                (写真/「サントリーホール」」

 

 

今年も10月5日(土)から12日(土)までの8日間が
「アークヒルズ音楽週間」でした。

 

さまざまな演奏会がサントリーホールや、
アーク・カラヤン広場で行われたようです。

 

今年の後半は、一生のうちで一番というほど心身ともに
きつい時間になってしまい行くことができませんでしたが。

 

 

141209rosenthalmagicfkuteteapot

 

昨日のブログで、2003年はうさぎのあぷりが
私のもとにきてくれた幸せな年だったことを書きました。

 

その2003年を真中に、前十年と次の十年。
「1993年」と「2013年」。

 

私にとって大きな節目となった年です。
20年の長さと、そのつながりが
今、不思議な思いで感じられます。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “「アークヒルズ音楽週間2013」 ブログ2周年

  1. SECRET: 0
    PASS: 83aa93a1f9ff45635b86357d86a23a63
    2周年おめでとうございます。長いような短いような
    感じでしょうか。ネタ自体はもとより、それをさらに
    掘り下げた解説(?)に、へえ~と唸っております。
    本年後半は大変であるとのことですが、今後もますます
    のご健勝ご発展を祈っておりまする。
    で、サントリーホール、行ったことないんですが、
    オルガンすごいですねえ。ホールと一体ですね。
    パイプオルガンの音って好きなんですよねえ。
    荘厳な気持ちになるというか、落ち着きますわ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ふじつぼ様、ありがとうございます!!
    そっか〜、「2nd Anniversary」と書けば良かったんですね。
    横文字に弱いものでして……。
    ついつい横にそれる内容に、我ながら「それは違うんでないかい」
    と突っ込まないでもないのですが。
    これからは正しい道を歩むべく精進いたす所存でござりまする。
    またお優しきお言葉に、心からお礼を申し上げます。
    サントリーホールのお昼のオルガンコンサートに
    是非いらしてくださいませ。
    サントリーホールはお仕事先からも
    そんなに離れていないと(勝手に)思っているのですが。
    ひょっとして、往復の時間が微妙なところでしょうか。
    パイプオルガンは一家に一台というわけには
    いかない楽器ですので、こちらから足を運ばなくてはなりませんが
    それでも、いいですよね、あの音色。
    ふじつぼ様もお好きだとは、なんと嬉しいことでしょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください