ツタンカーメンのエンドウ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130617endouhana470

 

 

ツタンカーメンのエンドウ

5月、6月とエンドウの芽が出て
花が咲きました、とお知らせしましたね。

 

あの時に書きませんでしたが普通のエンドウではなく
「ツタンカーメンのエンドウ」というものでした。
本当は普通のエンドウが欲しかったのですが。

 

私は「ツタンカーメンのエンドウ」は全く知りませんでしたが
調べてみるとこんな話がネットに。

 

ツタンカーメンは紀元前14世紀,エジプト第18王朝のファラオ。
即位は10〜11歳と考えられており、即位後9年で死亡。

 

お妃はアンケセンアメン。
1922年、イギリスのハワード・カーターにより発見された。

 

「王家の谷」にある墓場で「黄金のマスク」など
豪華な副葬品とともに、このエンドウが発掘された。

 

 

 

 

 

作り話なの?

この「ツタンカーメンのエンドウ」の話は
学校やマスコミよって広まったそうです。

 

一時は、小学生の間で「ツタンカーメンのエンドウ」を
栽培するのが流行ったとも。

 

と、こんなにロマンに溢れるお話なのですが
これは「作り話」という方もいらっしゃいます。

 

吉村作治は「アメリカのおばちゃんの冗談から……」と
言っていらっしゃるようです。
う〜ん、どっちなんでしょうね。

 

 

endoumame1470

 

 

 

ツタンカーメン

「エジプト考古最高評議会」は、2010年2月17日
黄金のマスクで有名な古代エジプトのツタンカーメンの死因や
血縁関係をミイラのDNA鑑定によって解明したと発表したそうです。

 

19歳で亡くなったとされるツタンカーメンのミイラから
マラリア原虫のDNAが見つかり、マラリアを主因とする合併症が
死因だった可能性が高いことがわかったそう。

 

ツタンカーメンの死因については
暗殺説や事故死説がありました。

 

今回の調査では、「歩く時に杖をつき、多くの病気を抱える虚弱な王」
(評議会のザヒ・ハワス事務局長)の姿が浮き彫りになったといいます。

 

 

         ツタンカーメンの黄金のマスク

 

 

ツタンカーメンの父親は多神教から一神教への宗教改革を断行した
先王のアクエンアテン(アメンホテブ)と認定。

 

母親は、アクエンアテン王の姉か妹にあたるとみられているそうです。
つまり、ツタンカーメンの父と母は実のきょうだいということ。

 

これは古代エジプト(だけではありませんが)では
珍しいことではなかったそうです。

 

ツタンカーメンの妃も、ツタンカーメンの父の娘であり
ツタンカーメンからすると異母きょうだいにあたります。

 

また、王の墓から見つかった死産した胎児のミイラ2体が
ツタンカーメンの実子だった可能性が高いということ。

 

これらのことから、ツタンカーメン自身が生まれながらに
病弱であったこと、そして彼の実子も死産だったことは

 

近親婚による弊害ではないか、とザヒ・ハウス事務局長は書いています。

 

小学生の時に読んだ、ツタンカーメン王のお話。
その時にナゾだったものが、最近になってかなり解明されました。

 

この「ツタンカーメンのエンドウ」の
ナゾもいつか解決するでしょうか。
(「asahi.com 2010年2月17日」より)

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.