春に蒔いた「ツタンカーメンのエンドウ」の失敗 さやえんどう「カルビー」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121114endou

 

 

カルビーの「さやえんどう」

「さやえんどう」の他にも、いろいろあるようです。

 

やきもろこし、おさつスナック、サッポロポテトバーベQ味
(いろいろ)、パンプキーン等々。

 

何故か、季節限定も多いですね。
地域限定というのもありました。

 

 

 

ここでまたツタンカーメンのエンドウ

「えんどう豆」つながりということで
昨日(「ツタンカーメンのエンドウ」)の続きを……。

 

 

130617endouhanatomi400

 

 

私は「ツタンカーメンのエンドウ」を
ネットで買ったのは今年の3月位。
袋の説明を見て驚きました。

 

この「ツタンカーメンのエンドウ」は、去年の秋頃にまいて
冬を越させる必要があったというのです。

 

私は「ツタンカーメンのエンドウ」に限らず
お豆系は初めてでしたので、全てのお豆が
そうなのかはわかりませんが。

 

ちなみに日本にあるエンドウと
このツタンカーメンのエンドウとは種が異なります。

 

ツタンカーメンのエンドウの方が
エンドウの原種といわれているようです。

 

 

 

でも、蒔いちゃいました

本来は秋蒔きとはいうものの、秋まで待つのが
嫌だった私は蒔いてしまったのです。

 

すると、心配したのもなんのその
可愛い芽が出てスクスクと育ち、すぐにお花も咲きました。

 

ツタンカーメンのエンドウの花はとってもきれいでした。
咲いている期間は短くて、ワインレッドの花が咲いた翌日には
もうブルーがかった色になって下を向き萎れてしまいます。

 

その翌日には、その花の色に近い
紫色のお豆の赤ちゃんができているのです。

 

 

130617endoubiztawa

 

 

 

その頃から様子がヘンに……

茎の下の方、つまり土に近いところから、
なんとなく枯れ出してきたように見えます。

 

先の方はお豆が収穫出来るどころか、
まだツボミも開いていないというのに。

 

根元の方から始まった枯れるスピードは
とてつもなく早かったのです。

 

花が咲き、実がなるのを待たずに、枯れるスピードが
追い越してしまい、ツタンカーメンのエンドウは
そのまま枯れてしまいました。

 

1本でしたら、何かの拍子に枯れてしまったのかな
とも思うのですが、結局、全部の「ツタンカーメンのエンドウ」が
同じ状態で枯れてしまったのです。

 

 

 

春に蒔いたものはすぐ枯れてしまう

それからしばらく後、ネットで
こんなことが書いてあるのをみつけました。

 

「秋にまいて冬を越さない、春まきのツタンカーメンの
エンドウはすくすくと急激に成長するが
花がマメになるのを待つまでもなく一斉に枯れてしまう」

 

その通りでした。
私がまいたツタンカーメンのエンドウも、全く同じ状態。

 

何かの病気にでもかかったかと思っていたのですが
そうではなかったようです。

 

「春まき」で冬を越させなかったことが理由だったのです。
それでは、今年こそ秋に蒔くことにしましょう。
130617endoumamesiro430

 

 

 

「ツタンカーメンのエンドウ」の育て方

1 10月中旬〜11月上旬に
水をたっぷり含ませたタネを小さなポットに植えます。

 

2 本葉が2、3枚になったら素焼きの鉢、
プランタン、畑に定植します。

 

3 日光に充分当てます。
寒さに弱いので、雪のときはビニールをかぶせるとよいでしょう。

 

4 肥料は、下肥を施し、定植後10㎝くらいに伸びたら、
食用なので有機肥料を月に一度与えます。

 

5 2メートルにもなるので支柱を立てて
ツルが巻き付くようにネットを張ります。

 

6 近くに普通のエンドウがあると雑種になるので気をつけましょう。
もし、白い花が咲いたら雑種ですので処分をします。
ナンジャモンジャランド
【参考・引用文献】
ツタンカーメンのエンドウ:広島市教育センター資料


☆2014年度の「ツタンカーメンのエンド豆」の栽培はこちら
残念ながら、2014年も成功とは言いがたいのですが……

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください