グーテ・デ・プリンセス(GOUTER de PRINCESSE)「ガトーフェスタハラダ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

gutedepurinsesu131011

 

 

「グーテ・デ・プリンセス」

ガトーフェスタハラダの「グーテ・デ・プリンセス」。
サブレです。

 

サブレはフランスで17世紀に生まれたお菓子。

 

フランス語の「 sablé」 は

 

「 sabler(「砂をまく」、「砂で覆う」という意味)」
という動詞の過去分詞形であり、「砂で覆われた」といった
意味あいをもつとWikipediaには書いてあります。

 

 

gutedepurinsesu370

 

 

 

自由時間にノルマンディへ

私の最初の海外旅行は、大学卒業後に
恩師に連れて行っていただいたヨーロッパ旅行でした。

 

その旅行の自由時間に、私は一人で
フランスのモンサンミッシェルに行ってみました。

 

 

201310182155352aa       モンサンミッシェル(写真/「Wikipedia」

 

 

自由時間といっても、数時間ではなく
「今日から3日後に、◯◯の◯◯ホテルで待ち合わせ」
との先生の言葉により何日間かの自由時間ができます。

 

一ヵ月と少しの旅行期間中、こんなことが
何回かあったように思います。

 

旅行に行く前は思ってもいなかったのですが
ポカッと出来た自由時間を前に私は思いました。

 

それならば、ずっと憧れていたフランスの
モンサンミッシェルに行ってみよううかと。

 

直行の観光バスも出ていましたが
ビンボー旅行でしたので、電車を乗り継ぎ、駅からは
バスに乗ってモンサンミッシェルまで行くことに。

 

 

 

 モンサンミッシェルで買ったサブレ

そのモンサンミッシェル近くで買ったサブレに
「ノルマンディーのサラサラな砂のようなサブレ」
というようなことが書いてありました。

 

といっても、多分そんなことが
書いてあるのではあるまいか、という程度ですが。

 

それを読んで、単細胞の私は思ったものです。
「ホントだ、そういえば
ここの砂ってサブレに似ている!」なんてね。

 

 

toshimaya_001101

鎌倉「豊島屋」のハトサブレ
(写真/鎌倉「豊島屋」

 

 

 

サブレ=鳥、なの?

そのサラサラサブレですが
日本ですと形としては「鳥」が多いような気もします。

 

鎌倉「豊島屋」のハトサブレは有名ですね。

 

 

gutedepurinsesu131011gatofasutaharada

ガトーフェスタハラダのサイトによりますと
このサブレ「グーテ・デ・プリンセス」を

 

「王冠をかぶった王女様(プリンセス)」
「幸福を招くメーテルリンクの青い鳥の形に仕上げた
伝承のフランス菓子です」

 

と説明しています。

 

こちらはチルチルミチルの「青い鳥」だったんですね。
ぷっくりとして可愛いです。

 

今、サブレをググってみたのですが、なんと京都には
「鴨サブレ」もあるそうですよ。

 

サブレ=鳥系、というのは
日本で流行っているのでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください