グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)「ガトーフェスタハラダ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

gutederowagatofesutaharada

 

 

「グーテ・デ・プリンセス」を作っている会社

昨日は、ガトーフェスタハラダのサブレ
「グーテ・デ・プリンセス」を紹介しました。

 

今日はそれを作っているガトーフェスタハラダのことを。
ガトーフェスタハラダは群馬県高崎市にある会社です。

 

創業は、1901年、明治34年といいますから
もう100年以上前、正確にいいますと112年前。

 

もっとも最初は、洋菓子ではなく
「松雪堂」という和菓子のお店でした。

 

 

gutederawa370

 

 

 

60年の研究により生まれたフランスパンを使用

パン作りを始めたは昭和21年、1946年。

 

60年におよぶパン作りの研究から究極のフランスパンを目指して
出来たフランスパンを使って2000年にできた製品が
今日の「グーテ・デ・ロワ」(王様のおやつ)です。

 

 

 

2008年、「希望の館」完成 

2008年「グーテ・デ・ロワ」などを作る工場が高崎にできました。
工場といっても、外見からはとても工場とは思えない高崎本社工場。

 

 

gatofesutaharadakoujou370

「シャトー・デュ・エスポワール(希望の館)」
(写真/「ガトーフェスタハラダ」

 

 

高崎本社工場は「シャトー・デュ・エスポワール」
と名づけられました。
これは「希望の館」という意味だそう。

 

 

 

2004年、「幸福の館」完成

この写真の右の方に小さく見えるのが
作られたお菓子を販売する建物で、2004年にオープン。

 

「シャトー・デュ・ボタール」は「幸福の館」。
ともにギリシャ風建築で作られています。

 

先ほどの写真で、右の方に小さく写っている建物
を正面から見たものが下のもの。
大きさがおわかりになるでしょうか?

 

 

gatofesutaharada500

「シャトー・デュ・ボタール(幸福の館)」
「ガトーフェスタハラダ オンラインショップ」

 

 

工場と「シャトー・デュ・ボタール」を
合わせるとどのくらいの長さでしょう。

 

ガトーフェスタハラダは現在、全国に16の直営店舗を持ち
その他、大手百貨店等にも出店をしています。

 

 

 

工場見学も出来ますよ

私も見せてもらいました。
一番おもしろかったのは、「グーテ・デ・ロワ」の
最終工程である、選別のところ。

 

 

tour_hq_img02

(写真/「ガトーフェスタハラダ 工場案内」

 

 

 

まず、小麦粉、バター、製法の全てにこだわって
「グーテ・デ・ロワ」のもととなるフランスパンを作ります。

 

次にそれをカットした後、バター・グラニュー糖を
かけてラスクを焼きます。

 

 

 

ラスクの選別がおもしろい

この選別には、ドイツのロボットメーカー、
その名も「シューベルト」というマシーンを使います。

 

この機械は、ラスク用に改良を重ねて作られた
ハラダオリジナルピッキングロボットなのだそうです。

 

 

shuberuto        (写真/「ガトーフェスタハラダ 工場案内」

 

 

このシューベルト製のマシーンのスキャナーで
焼き上がったラスクの色、形、大きさを読みとり
合格基準を満たした製品だけをアームロボットが2枚1組に。

 

この動きがとても素早くて、生き物のように可愛いのです!

 

gutederowa131011

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください