ナチスの略奪した絵画、ミュンヘンのアパートで発見!

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

押収した絵画の保管場所

この写真は、ドイツ南部ガ―ヒンク(Garching)
にある税関の建物。

 

ここには現在、ドイツのミュンヘン(Munic)で発見された
ナチス・ドイツが略奪した絵画が保管されているそうです。

 

第二次世界大戦の前から戦中にかけて、ナチス・ドイツが
ユダヤ人から「頽廃芸術」と称して略奪した絵画の数々です。

 

11月3日、ドイツの週刊誌フォークス(Focus)が報じました。
見つかった作品の数が凄いです。
なんと1500点近くもあるといいます。

 

 

 

 パブロ・ピカソやアンリ・マチスの絵画も

その作品の中には、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)や
アンリ・マチス(Henri Matisse)のものも含まれているとか。

 

時価総額は10億ユーロ、日本円で約1330億円
相当の価値があるとみられています。

 

見つかった場所は、ミュンヘン市内のアパートの一室。
コルネリウス・グルリット(Cornelius Gurlitt)
所有の部屋でした。

 

こちらがそのアパートの写真。

 

 

erp13110508080000-n1          (写真/「MSNニュース」)

 

 

見つかったのは、2011年に、脱税容疑で
警察が彼の部屋に家宅捜査に入った際のこと。

 

 

 

部屋の住人の父親が没収等であつめたもの

彼の父親は、ナチス幹部と親しかった美術収集家
ヒルデブラント・グルリット(Hildebrand Gurlitt)氏で
彼が1930〜1940年代に入手した絵画の数々だということです。

 

ユダヤ人を祖母に持つヒルデブラント・グルリット氏は
美術品を見る眼をもち、また人脈も広かったことから
ナチスの幹部達にとっては有用な人物でもありました。

 

ナチ党が退廃的だとみなした、いわゆる「頽廃芸術」
といわれた美術作品の売買責任者に
ヒルデブラント・グルリット氏が任じられていました。

 

当時ナチスは、ヨーロッパ各国でユダヤ人の所有する美術品を
没収、また安く買いたたいて略奪しています。

 

 

taihaigeijututen    「頽廃芸術展」でのヒトラー(写真/「独破戦線」

 

 

 

青少年には見せられない「頽廃芸術」

上の写真は、ドイツの「頽廃芸術展」での写真です。
この展覧会は「青少年にはみせられない、いかがわしい代物」
とされ、18歳以下は入場禁止。

 

ですが、逆にそれがセンセーションを呼び
4ヵ月で200万人を超える入場者がきたそうです。(「独破戦線」

 

次の絵は「青少年には見せられない、いかがわしい代物」
とされた「頽廃芸術」の一つです。

 

フランツ・マルクの代表作
『青い馬の塔(Turm der blauen Pferde)』。

 

 

200px-FranzMarcTurm『青い馬の塔』フランツ・マルク
(写真/「Wikipedia」

 

 

「青い馬などいない」

この絵は1913年の制作。
「Wikipedia」によりますと、ヒトラーはこの絵に対して
「青い馬などいない」と言い放ったといいます。

 

1937年、政府がベルリンのナショナルギャラリーから
この絵を没収して以来、行方不明になっているとのこと。

 

この『青い馬の塔』の絵も、今回発見された
1500点近くの絵画の中に入っているのでしょうか?

 

まだ個々の作品についての、詳しい発表はないようですが
どんな絵が出てくるか、ワクワクしますね。

 

 

 

「頽廃」ではない「芸術作品」

一方、それでは「頽廃芸術」ではない作品とは
どのようなものなのでしょうか?

 

それが次の写真です。
「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」ということで
筋骨隆々、なんていうのがお勧めだったようです。

 

(実はこの「健全なる精神は〜」という言葉ですが
本来の意味と間違って人口に膾炙されているそうです。
今回は、現在広まってしまっている
そちらの間違いバージョンの方でつかっています)

 

 

 

taihaigeijutu

こちらはナチス御推薦の「非」頽廃芸術
(写真/「独破戦線」

 

 

 

古いジャムのビンと一緒に

「頽廃芸術」と汚名を着せられた数多の美術品が
コルネリウス・グルリットのアパートの薄暗い一室に
なんと50年以上も隠されていました。

 

しかも、ガラクタや古いジャムのビンと一諸に
置かれていたといいますから、なんとも……。

 

ちなみに容疑者であるコルネリウス・グルリットは
これらの絵画を売っては生活費にしていたそうです。

 

ふう〜っ、そんなことってあるんですね……。
でも、とにもかくにも救出(?)されてよかったです。
「AFP BB News」

 




スポンサードリンク



コメントを残す