ブルーチーズに塩分が多い理由 ブルードベルニュ「プレジデント」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618Bleu d'Auvergne

 

 

日本語表記に迷いますが

「プレジデント社」のブルードベルニュです。

 

この「Blue d’Auvergne」という名前ですが
日本語にしますといろいろなカタカナ表記があるようです。

 

「ブルードベルニュ」
「ブルードーベルニュ」
「ブルー・ド・ベルニュ」
「ブルードヴェルニュ」

 

等々なのですが、私はフランス語が全くわかりませんので
今回は一応、「ブルードベルニュ」表記にしておきます。
もっと詳しい確かなことがわかった時点で改めましょう。

 

 

130504burutizu         ブルードベルニュ「プレジデント」
 

 

 

ブルーチーズは塩分多め

以前ブルーチーズではなく、一般的にチーズに含まれる
塩分のお話をしたことがありましたね。(「チーズに塩分が
含まれる理由は、ホエーの流出を防いだり保存のため」

 

そこで、チーズは一見、塩分を多く含むように思えるものの
一度にとる量を考えれば、それほど多くはないということでした。

 

それに対して、今日ご紹介する「ブルードベルニュ」をはじめ
ブルーチーズは、比較的塩分含有量が多いチーズでもあります。

 

他のチーズですと塩分量は大体、2パーセントといわれていますが
青かびチーズは、その2倍ほどの塩分が含まれているのです。
4パーセント、あるいは中にはそれ以上というものもあります。

 

 

130618hurumudaberutizu400           フルム ダンベール AOC

 

 

 

青かびチーズに塩分が多く含まれる理由

青かびチーズは、ミルクに青かびを加えて作るのですが
その時に、雑菌に青かびが負けないように多めのお塩を使うのです。
青かび菌は、塩分には強いのだそう。

 

ですから塩分を強くしますと、雑菌は殺菌され
青かびは雑菌に妨げられることなく繁殖できるというわけ。

 

そのようなわけで,青かびチーズは塩分を多く
含みますので、ちょっと塩っぱいのですね。

 

 

130506creme royale          クリームロイヤル「チェスコ」

 

 

 

お料理にも 

ですが、お料理に使うときは、青かびチーズの
この塩っぱさがプラスになることもあります。

 

オムレツを作るときなどに
青かびチーズを卵に少し加えても美味しくできます。

 

また青かびチーズを生クリームでのばして青かびソースを
作ってパスタやサラダに使うこともできます。

 

私は塩分にはかなり弱いのですが、こと青かびチースに
関しては、塩っぱさが嫌ではありません。

 

それどころか、その多めの塩分さえも青かびチーズの風味を
増すうえで必要な味とさえ感じられてしまうほど。
というわけで、青かびチーズラブは当分続きそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す