ショートブレッド「キャンベル」 やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!
120810CAMPBELLS

 

 

間違えて買ったけどおいしかった

赤坂の「やまや」で、クリームチーズをつけて食べる
クラッカーのようなものを探していたときに
このキャンベル社のショートブレッドを買ってきました。

 

箱だけをちらっっと見て買ってきてしまったのですが
うちでよく見たらショートブレッドとは、

 

つまりクッキーのようなものですよね。
甘味が入っていると、クリームチーズにはちょっとあわないですね。

 

しかも、キャンベル社のショートブレッドは
前から知っていたのになんで買ってしまったんでしょう…..。

 

 

 

「ショートブレッド」と「クッキー」の違い

ちなみにショートブレッドとクッキーは
一見似ているのですが、材料、作り方ともに
異なる別のものです。

 

ショートブレッドは小麦粉、砂糖、バター、塩の
4つだけで作り、クッキーのように卵やミルクは使いません。

 

また作り方も、クッキーは練ったバターに
お砂糖を入れて混ぜてから、卵を少しずつ入れ
その後に小麦粉を入れます。

 

一方ショートブレッドの方は
小麦粉にバターを直接入れてぼそぼそ状態にしてから
お砂糖を入れるのだそうです。

 

 

「ショート(short)」はサクサクした食感を表す

なおブレッドとはパンのことなのですが
ショート(short)とは、サクサクした
食感を表す形容詞だそうです。

 

ですからショートブレッドという名前の意味は
「短いパン」ではなくて(あたりまえ!)
「バタークッキー」のことなのですね。

 

このスコットランドのキャンベル社の
ショートブレッドは富士貿易株式会社が
輸入しています。

 

 

 

一切の添加物を加えない製品作り

キャンベル社は1830年にできたといいますので
もうそろそろ創立200年。

 

伝統を誇るキャンベル社は、この長い年月、
製品に一切の添加物を加えることなく
製品を作り続けてきました。

 

ファミリーの手によって作り続けられてきた
キャンベル社のショートブレッドは
たっぷりとバターを使った純粋な味が魅力です。

 

今回、私が買った一箱の中には
写真に写っている5種類のショートブレッドが
それぞれ2つずつ入っていました。

 

そして、クリームチーズをつけるのつけないの
と言う間もなく、本当にアッという間に一箱全部
食べてしまったのでありました。(!)

 




スポンサードリンク



コメントを残す