黒蜜の作り方三種(さらさら・濃厚・酸味系)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130210karikari

 

 

黒蜜の作り方

ツイストをしたポテトスナック。
「株式会社スイート」のカリカリツイスト黒蜜仕立てです。

 

黒蜜というと何となく濃厚な甘さ、という気がします。
ですが一口に「黒蜜」といっても、さっぱりとした黒蜜から
濃厚な黒蜜まで、いろいろな黒蜜があるようですね。

 

そこで今日は、3種類の「黒蜜」を御紹介しましょう。

 

 

 

「糖:水」が「1:5」のさらさら系

1 黒糖を20グラム、水を100グラムという分量で作る黒蜜。
(クックパッドより)

 

黒糖と水を入れて、とろみが出るまで煮詰めれば出来上がり
という簡単な作り方。
保存は冷蔵庫で1週間ほど。

 

これなどは、かなりサラサラのさっぱり系だと思います。
こちらは,原料の時点では「糖:水」は「1:5」ですね。

 

 

 

「糖:水」が「2:1」 の濃厚黒蜜

2 そして次のものはかなり濃厚な「黒蜜」の作り方です。
クックパッドより)

 

黒糖を100グラム、
ざらめ(あるいは三温糖、白砂糖)を100グラム、
そして水も同量の100グラム。

 

おなべに黒糖,ざらめ、水を加えて中火にかけて
アクを救いながらお砂糖がとければ出来上がりです。

 

あまり煮詰めないで、余熱で溶かすような感じの方が
上手に出来るようです。
出来上がりは200ccを目安に。

 

これは原料の時点で、「糖(合計で):水」が「2:1」。
最初の黒蜜の作り方とは、糖と水の分量比が逆転していますね。

 

 

 

「糖:水」が「1:1」の酸味さっぱり系

3 そして最後は、さっぱりはさっぱりなのですが
水分が多いというのではなく、酸味がきいている
さっぱり系の黒蜜の作り方を。
クックパッドより)

 

黒糖50グラム、水50グラム、甘夏の絞り汁(レモンでも可)15cc。

 

おなべに黒糖とお水を,ヘラで焦げつかないように
混ぜながら弱火で煮込みます。

 

黒糖が全部溶けたところで甘夏の絞り汁を入れてさらに
煮込んで適度なとろみがついたら出来上がりです。

 

こちらの分量比は「糖:水(柑橘汁をのぞく)」は
「1:1」ということになります。

 

 

糖が水よりも多いもの、同量のもの、糖が水より少ないもの、
の3種類の黒蜜を紹介してみました。
あなたはどの黒蜜がお好みでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す