クランベリー&チーズクリームパン「伊藤製パン」 ファミリーマート

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120831kuran

 

 

ファミマで売っている伊藤パン

伊藤製パンで作っていてファミバで売っている
「クランベリー&チーズクリームパン」。

 

白い柔らかめのパン生地に
クランベリーが入っているのが見えますね。

 

中にチーズクリームが入っています。
私には、このチーズクリームはちょっと甘過ぎましたが。

 

 

 

伊藤製パンはもうすぐ100周年

伊藤製パンは本社が埼玉県
さいたま市岩槻にあります。

 

埼玉県に本社があるパン屋さんは、このブログでは初めて、
と思いましたが、1997年に埼玉の岩槻に移転したそうで
最初から埼玉の岩槻ではありませんでした。

 

それでは最初は、といいますと東京都墨田区の両国に
工場を造ったことから始まります。
1920年のことでした。

 

ですからもうすぐ100周年を迎えるのですね。

 

 

アンテナショップも色々あります

伊藤製パンには「ボンデセール」「マルセリーノ」
「むぎの家」というアンテナショップ等があり
そこでは焼きたてのパンを手に入れることができます。

 

こちらは「ボンデセール」の西荻窪店。

 

 

201311180219078c3           (写真/「伊藤製パン」

 

 

石窯で焼き上げた、バタールという
フランスパンが人気だそうです。

 

カリカリと音がしそうなほどの焼きたてバタール。
おいしそうですね。

 

ガーリックフランス、チーズフランス等、
様々なバリエーションも楽しめます。

 

 

bataru         (写真/「伊藤製パン」

 

 

 

1920年は、日本のパン屋さんの黎明期?

とここで、急に思い出したのですが
このブログで一番最初にとりあげたパンの会社は「パスコ」でした。
「パスコ」も創業は1920年です。

 

そして次にとりあげた「フジパン」は
「パスコ」に遅れること2年の1922年でした。

 

そして今日の「伊藤パン」がやはり1920年と
「パスコ」と同じです。

 

「フジパン」とは2年違いではありますが
3社ともほぼ同じ時期に会社を興しているのですね。

 

ということは、その時代にパンというものが
日本で注目され、需要が増えてきたのでしょうか。

 

 

20131118023841743

こちらは「マルセリーノ」市川原木店の
ベーコンフロマージュ(写真/「マルセリーノ」

 

 

 

 「おいしいことは幸せ」

1920年、大正9年に「伊藤パン」の工場を
東京の墨田区両国に作った創業者の方の
名前がおもしろいです。

 

「佐藤一二」さんというそうです。
「一二」と書いて「かつじ」と読みます。

 

このお名前、初めて見て正しく読まれたことは
佐藤一二さんの生涯で一度もなかったのではないか
と勝手な想像をしてしまいました。

 

なお現在の社長は、創業者の佐藤一二さんからかわり
柳内泰道さんという方です。

 

伊藤パンは、1964年の第18回東京オリンピックの時に
オリンピック選手村のパン・洋菓子納品メーカーに
指定されています。

 

「伊藤パン」のホームページに
「おいしいことは、幸せです」
と書いてありました。

 

本当ですね!

 




スポンサードリンク



コメントを残す