芽キャベツ「オランダ産」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130213mekya

 

 

オランダ産の「芽キャベツ」

大昔のことですが、私が初めて海外旅行に行った時に
芽キャベツのタネをスイスのスーパーマーケットで手に入れました。

 

日本に帰って来て、早速タネをまいたのですが
芽キャベツの収穫どころか、育ちもしませんでした。

 

う〜ん、芽キャベツ栽培は最初から難しそうだとは思いましたが
やっぱり難しかったんですね、と早々にあきらめることに。

 

 

 

なり方がおもしろい「芽キャベツ」

芽キャベツは、「キャベツ」という名前がついていますが
実のなり方がキャベツとは全然違っています。

 

キャベツは一つ一つ畑の土の上でしっかりと育っていくのに対して
芽キャベツは、一本の茎のまわりにぷちぷちとついていって
おもしろくも可愛いです。

 

 

mekyabetu

芽キャベツって、こんなふうになっているんだよ!
(写真/「新倉高造商店」

 

 

オモチャの野菜みたいですね。

 

芽キャベツというのは、寒さがないと結実しない野菜なのだそう。
0度の寒さにも耐えるということですよ。

 

芽キャベツの栽培は、アブラムシとの闘いでもあるようですが
寒い時期でしたら、それもかなり防げると思いますので
芽キャベツ栽培は、冬が狙い目でしょうか。

 

 

 

「芽キャベツ」とサクランボの煮物のつけあわせ

この芽キャベツ、栽培が始まったのは比較的最近のことだそうです。
18世紀末にフランスやイギリスの菜園で栽培をはじめ、アメリカでは
19世紀初頭に芽キャベツ栽培が普及していったとか。

 

イギリスでは芽キャベツを肉料理のつけ合わせにすることが多く
ベルギーでは皮をむいた栗とあわせて加熱するのだそうです。

 

この栗と芽キャベツのつけあわせというお料理
聞くだけでも、なんともおいしそう。
ぜひぜひ、食べてみたいものです。

 

この写真はドイツのレストランのものです。
メインは、なんとガチョウ。

 

 

megyabetu                (写真/「ドイツ再発見」

 

 

つけ合わせのおいしそうなお野菜が、沢山お皿にのせられています。
一番左はジャガイモ団子、次が栗の甘露煮、そして芽キャベツ。

 

その向こう側に見えるものが、おもしろいんですよ。
紫キャベツをサクランボと一諸に甘酸っぱく煮たものだそう。

日本にはないですね。
少なくとも、私は食べたことがありません。

 

サクランボをお菓子ではなく、こんな風につけ合わせの野菜料理
として使うとは、サクランボが多く採れるということなのでしょうか。
(そうでないと、もったいなくて私だったらお料理には使えないです)

 

一つのお皿の上に、サクランボに芽キャベツという
可愛いものが並んでいるなんて、すてきなディナーですね。
可愛くて美味しい芽キャベツ、ますます興味が湧いてきました。

 

 

130211mekyabe

 




スポンサードリンク



コメントを残す