動物性油脂で作られたものが「生クリーム」で、植物性油脂のものは「ホイップクリーム」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12 10 5 ringohoipu

 

 

パスコの「りんご&ホイップ」

ふわふわパンで、りんごクリームと
ホイップクリームを包み込んであります。

 

りんごクリームの中には、ちっちゃめなりんごのダイスが
入っているのですが写真でおわかりになるでしょうか?

 

ちょっとだけ甘すぎる気もしないではありませんでしたが
ふわふわっとおいしかったです。

 

まあ、当然のことながらホイップクリームは
このようなものですから、そのような(?)お味ですが。

 

 

 

日本では「植物性油脂で作られたもの」をいう

ところでこの「ホイップクリーム」ということばですが
現在の「ホイップクリーム」というと
皆さんは、何を意味しているとお思いになりますか?

 

私はずっと「ホイップクリーム」とは
「泡立てた生クリーム」という意味だと思い込んでいました。

 

 

1f69b486d0155e573f249fa52fe8b4d1     生クリームを泡立てているところ(写真/「COOKPAD」

 

 

英語ですとそのような意味なのだそうですが
現在の日本で「ホイップクリーム」といいますと
サラダ油などの植物性脂肪で作られたものを指すそうです。

 

こちらは、Nakazawaの乳脂肪分18パーセント、
植物性脂肪分27パーセントの「ナイスホイップG」という製品。

 

 

nicewhipgnakazawa          ナイスホップG(写真/「Nakazawa」)

 

 

 

動物性油脂のものが「生クリーム」

一方、本来の牛乳で作られた動物性脂肪は
「生クリーム」と呼んでいます。
こちらはNakazawaの生クリームで、名称は「フレッシュクリーム」。

 

Nakazawaのクリームは、これ以外に何種類もあるようです。
乳脂肪分と植物脂肪分の配合が様々なクリームが
全部で20種類以上あるようです。

 

これは、法律で「クリーム」と表記することができるのは
「乳脂肪を18パーセント以上含み、添加物や植物油脂を一切含まないもの」
と定められているからなのだそうです。

 

そこで苦肉の作が、「クリーム」に「ホイップ」をつけて
「ホイップクリーム」としたのですね。

 

 

 

誰が決めたのかな?

ですが、英語で「ホイップクリーム」というと
「泡立てた生クリーム」を意味します。

 

そのような紛らわしい名称にしないで、別の名称にした方が
混乱がなくていいのではないかと思ってしまうのですが。

 

よくいわれることですが、「スモーキンクリーン(Smokin Clean)と
いう言葉は和製英語ですよね。

 

 

JT_20131201225038c0d            (写真/「JT」

 

 

このような和製英語を作ることについてはこの際置いておきますが
とにもかくにも、「スモーキンクリーン」という言葉は英語には
ないわけですから、ある種の混乱はおこりません。

 

ですが「ホイップクリーム」という英語はありますので
他の名称にしてほしかったと、今更ながら
赤坂の片隅で異論を叫ぶ、といった感じです。

 

例えば、「植物性油脂のクリーム」とか
「植物性クリーム」という名前をつけるとかね。

 

こういうことって誰が決めているのでしょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す