備前岡山藩主・池田光政が生みの親? ばら寿司(岡山県)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130424tirasizusi

 

 

いただきもののちらし寿司

「ちらしずし」と一口にいっても、日本全国には
さまざまなちらし寿司があるのでしょうね。

 

日本全国どころか、各家ごとにちらし寿司の具や酢飯に
好みと工夫があるのかもしれません。

 

私の高校時代のお友だちの家では
酢飯を作る時の調味料は、お酢とお塩のみだそうです。

 

酢飯にお砂糖を入れない理由は
ちらし寿司の具は、お砂糖を入れて甘辛く煮たものが多いので
御飯の方には一切、甘味を入れたくないのだそうです。

 

 

 

岡山県の「ばら寿司」

日本中にはおそらく、様々なちらし寿司があると思われますが
今日は、岡山県の「ばら寿司」を。

 

「ばら寿司」という名前のお寿司は
大阪やその他の関西地方にもあるようです。

 

ですが、それらと比べて岡山県の「ばら寿司」は
具の品数や大きさがはるかに多いのが特徴です。

 

 

0_00006033_GAZOU1_n            (写真/「岡山観光総合サイト」

 

 

 

江戸時代の岡山城下で誕生

この「ばら寿司」ができたのは
江戸時代の岡山城下だといわれています。

 

岡山の中でも地方によって内容は異なるそうですが
基本的には、まずかんぴょうや椎茸の煮たものを
小さく切った具を混ぜた酢飯を作ります。

 

その上に錦糸卵を敷いて、またその上にゆでたニンジンや酢蓮、
えんどう、ちくわ、かまぼこ、味を付けた高野豆腐、煮穴子、鰆、
たこ、いか、海老、ママカリなどを大きめに切って敷きつめます。

 

地方によって異なりますが、あまり生ものは使わないよう
ですが、とても豪華ですね。

 

 

 

「ばら寿司」のできた由来

質素倹約を旨として、庶民の贅沢をしばしば禁じてきた
備前岡山藩主の池田光政が、「一汁一菜令」を
布告したことが始まりだそう。

 

つまり「一汁一菜」ならばいいわけですので
「一菜」を思い切り贅沢にしようということ。

 

先ほど、あらましの作り方を説明しましたが
「大きめに切った」メインの具を
まず寿司桶の底に敷きつめます。

 

そしてその上に、細かい具の入った酢飯で覆います。
一見するとそんなに豪華に見えませんよね。

 

食べる時に、寿司桶を引っくり返すと
先ほどの寿司桶の底に敷いたゴーカな具があらわれると仕組み。

 

こんな工夫をしたばら寿司は、
ハレの日の食べ物として楽しまれたようです。

 

 

800px-Okayama_Korakuen_Garden01           後楽園より岡山城を臨む(写真「Wikipedia」

 

 

 

備前岡山藩主、池田光政の命日は
「ちらし寿司の日」 

とはいえ、実際にこんなに豪華になったのは
明治以降だともいわれています。

 

お寿司の食品素材を販売している広島の「株式会社あじかん」は
備前岡山藩主の池田光政の命日である6月27日を
「ちらし寿司の日」として日本記念日協会に申請しました。

 

そして2004年4月1日に、めでたく(!)登録。

 

 

130424tirasizusi
 

 

 

江戸の三名君といわれた池田光政

なお備前岡山藩主・池田光政は
水戸藩主・徳川光圀
会津藩主・保科正之
と並び、江戸初期の三名君と称されているようです。

 

その光政の子、2代藩主の綱政は1700年に「後楽園」を完成させています。
この岡山の「後楽園」は
水戸の「偕楽園」
金沢の「兼六園」
と並んで日本三名園の一つです。

 

三名君の一人とされた藩主の子が、三名園の一つを作ったのですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す