選挙事務所に届いた「キティちゃん電報」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130805kityityandenpoupot

 

 

選挙事務所のお手伝い

もう15年位前のことです。
選挙事務所のお手伝いを一度だけしたことがありました。

 

私には全くあわない仕事ですので2度お断りしたのですが
深夜12時頃に切羽詰まってというか念を込めた(?)
ような電話をもらった時に覚悟を決めました。

 

 

130307kinou

 

 

10坪弱の小さな事務所 

探した事務所は小さな部屋で
椅子に座るタイプの机が一つと電話が一本。

 

床にすわって作業をする大きめのテーブルが一つに長椅子が一つ。
全て事務局長のおうちからの借り物です。

 

日本中のどのレベルの選挙事務所であっても、この事務所より
ははるかに立派だということは誰の目にも明らかでした。

 

 

130520ujisikibunosato

 

 

ボランティアに来てくれた人が言ったものです。
「いかがわしい出版社みたい……」と。

 

その人の弁によれば、小さい部屋に電話を2,3本引いて
段ボール箱がいくつか部屋に置いてあるそうです。

 

「数ヶ月で姿を消しちゃったりしてね……。
まさに、こんな感じなのよ」と。

 

 

130426shosonobomu

 

 

 

選挙事務所?

ちなみにここは選挙事務所といっても1階の道路に面している
いわゆる選挙事務所ではありません。

 

四谷三丁目のANAホテルの近くではあるものの
小さな古いビルの、しかも5階か6階。

 

同じビルにお住まいの大家さん以外は
選挙事務所だと知っている人はいません。

 

後日、党の職員が来て
「せめて扉の外にポスターを一枚はったら?」
と言われたほど。

 

 

ponpadoru131225

 

 

 

近くの立派な選挙事務所

いかがわしい出版社と見まごうばかりの事務所開きから、少し経った頃。
近くに◯明党の、当時の代表の◯四津さんの選挙事務所ができました。
そちらは、めちゃめちゃ大きくて立派で、人も溢れんばかり。

 

こちらの事務所に来るボランティアの人が
ため息まじりに必ず口にしたのを思い出します。

 

「◯四津さんの選挙事務所、すっごい立派だよ〜」
と言った後に「ここと違って!」という言葉を続ける人、飲み込む人。

 

 

130307mepurusukon

 

 

 

開票速報

そんな選挙戦の日々も終わり投票日の夜、ボランティアの一人が
カンパをしてくれてささやかな慰労会をすることになりました。

 

わが候補は、党からホテルで開票を待つようにといわれたようですが
「それは私らしくないから……」
といい、倹し過ぎる慰労会に一諸に参加することに。

 

日本中飛び回っていて、彼女自身が来たのはほんの数回という
この選挙事務所に、日暮れ後にパートナーとあらわれました。

 

そろそろ開票が始まる頃なのですが、当然TVはありません。
10人ちょっとで地味なお疲れ会を始めようとした時です。
電話が鳴りました。

 

 

140915satumaimotakikomigohan

 

 

 

当確

受話器を取ると、党の職員からでした。
開票速報が始まってすぐ、わが候補がいち早く当確を決めたとのこと。

 

電話を切って、私は候補にそれを告げました。

 

◯四津さんの事務所の何分の一しかない選挙事務所で
何十分の一、いえ何百分の一の人手だったのに……。

 

 

rhiguresugatofasutaharada

 

 

 

「過ぎてしまえば」

しかしそんなことは全く関係がなかったのでしょう。
初めての選挙で、誰よりも早い当確が出た理由は
紛れもなく彼女自身の力に他なりませんでした。

 

ささやか過ぎる慰労会の席があたたまる暇もなくお二人は党本部に。

 

そしてこの流れ先に、数日前の国会での出来事があったのだと
今、私は不思議な思いにとらわれています。

 

懐かしい……です。
「過ぎてしまえば、みな美しい」という歌詞もありましたっけ……。

 

 

130805kityityandenpou

 

 

 

キティちゃん電報

そんな四谷三丁目の選挙事務所に通っていたある日、
事務所にキティちゃん電報が届きました。

 

この事務所は選挙のためだけの事務所ですので借りていたのは4ヵ月位。
電報が来たのは、当選祝いがバサッときた以外は、これ1度きりです。

 

私のうさぎの1歳の誕生日祝う、友達からのものでした。

 

表の宛名は、さすがに私の名前でしたが
中の文面の宛名は私ではなく、うさぎの「ももち」宛。

 

天使の羽がついたキティちゃんが
電報の入ったピンク色の入れ物(筒?)を持っています。

 

筒の中には電文が。

 

 

130805kityityandenpouup

 

 

「東京都新宿区」と見えるのは
当時の事務所があった四谷三丁目の住所。

 

 

 

ピンクの筒の齧りあと

次の写真に写っている、ピンク色の筒の左端が
ちょっと紙が剥がれているのがおわかりですか?

 

 

130805kityityandenpo370

 

 

これは、キティちゃん電報を送ってくれた友達がうちにきた時に
この筒を、ももちにふざけて齧らせてしまったからなのです。

 

私が「だめ、やめて!」というと、その友達は

 

「ももちがいなくなった時にああ、これはももちが齧ったあとなんだ
なあっていい思い出になるよ」と、冗談で言っていたものなのです。

 

……、ホントに、そうなっちゃったなぁ……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す