ナタデココは発酵食品 ナタデココ「和歌山産業株式会社」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130805natadekoko

 

 

「ナタデココ」の作り方って知ってる?

「ナタデココ」って、どんなふうに出来るのかな?
とちょっと調べてましたら、これが驚きでした。

 

「ナタデココ」のもとは、ココナッツですね。
ココナッツのかたい皮の中には果肉と
ココナッツ水が入っています。

 

このココナッツミルクに水やお砂糖を加えた後に、
ナタ菌(酢酸菌の一種であるアセトバクター・
キシリナムという菌)を入れて、発酵させます。

 

ここで「発酵する」という意味を具体的に説明しますと

 

「ナタ菌がココナッツミルクを食べて
歯ごたえのあるしこしことしたものに変化する」

 

ということのようです。
不思議ですね。

 

 

130207natade

ナタデココだけをボウルに入れても
何がなんだかわかりませんね。

 

 

そうすると表面に段々と膜が張るような感じになってきます。
その膜の厚さが1.5センチほどになった時に取り出して
切ったものが「ナタデココ」だそう。

 

日本で出まわっている「ナタデココ」のほとんどは
酸を抜いて、シロップに漬けたものです。

 

 

 

「ナタ」の意味は?

「ナタデココ」という言葉はスペイン語で
「デ」は英語の「on」にあたり、
「ココ」はココナッツの意味ですね。

 

そして最初の「ナタ」ですが、これは2種類あって
私はどちらが正確なのかわかりません。

 

一つは「ナタ菌」の「ナタ」からきているというもの。

 

もう一つはスペイン語の、「液状に浮く上皮」の意味だという説
(「液状に浮く上皮」という意味がつけられた菌の名前が「ナタ菌」
だとしたら、同じ意味ですが……)

 

 

130805natadekoko370

 

 

 

フィリピンでは100年以上前から作られていた

「ナタデココ」はフィリピンで、いつから作られていたかは
正確にはわかっていないようですが
100年前にはすでに作られていたということです。

 

意外にも新しいですね。

 

フィリピンにはハロハロという
日本のあんみつのようなデザートがあるそうです。

 

そのハロハロに、まさにあんみつに寒天を加えるように
「ナタデココ」が使われているそうです。

 

確かに、「ナタデココ」は寒天や、ゼリーに
外見はよく似ていますね。

 

でもでも、あの独特の食感は、寒天やゼリーだけではなく
何にも似ていない、「ナタデココ」独自のもの
のような気もします。

 

このフィリピンのハロハロが日本で人気になったのは
1992年の夏といいますから、もう20年も前のことです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す