トルコ国旗 パン「成城石井」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

160329kurowassan

 

 

何かに似ていませんか?

「成城石井」のパンです。
手前はクロワッサンですが向うにある丸いパンの
名前は忘れてしまいました、何でしたっけ……?

 

ところでこのパンの模様、といいますか
2つのパンで作ったかたち、何かに似ていませんか?

 

私はトルコの国旗をイメージしました。
こんなふうなね。

 

 

torukokokki

 

 

 

正式に国旗となる1936年以前から使われていた

トルコは南西アジアに位置している
古くから交易の中心地として栄えた国でした。

 

オスマン・トルコはアジア、アフリカ、ヨーロッパにまで
及ぶほどの、一大帝国を築いたことで有名です。

 

トルコ国旗が正式にトルコ共和国の国旗となったのは
1936年ですが、それ以前のはるかに昔から
現在のようなトルコ国旗が使われていたようです。

 

オスマントルコ帝国からトルコ共和国建国となった時にも
この旗の基本は変更されることはなく
トルコ共和国の国旗としてそのまま使われることになりました。

 

 

osumanteikoku

オスマン帝国の領土縮小図
山川出版社『世界史図録ヒストリカ』(2005年)より
(図/「My Favorite Rugs and Killms」

 

 

 

1793年にセリム3世によって作られた 

現在の国旗の原型ともいわれるデザインは
1793年、オスマントルコ帝国のスルタン、
セリム3世によって作られたものです。

 

その時の星は、5点の星ではなく、多くの鋭点のある星でした。
5点星になったのは1844年のことです。

 

また、特徴的な赤い色は700年間に渡って
トルコ民族の旗として使われてきています。

 

星と三日月はイスラムのシンボルともいわれていますが
イスラム教が広まる以前からあったという説の方が
私には信憑性があるように思います。

 

 

topukapukyuden_201312202309387f9

 

 

 

月はダイアナのシンボル

星と三日月は人類が誕生した時から多くの人に注目され
愛され続けてきたものに違いありませんから。

 

その「月」を国旗に描いたという理由は
ビザンチンの女神として知られている
「ダイアナ」のシンボルが月だったからだそうです。

 

コンスタンチヌス皇帝が、このビザンチンの街を
「コンスタンチノーブル」として聖母マリアに捧げました。

 

その時に、マリアのシンボルである星を
ダイアナのシンボルである月に重ね合わせたデザインが生まれました。
それが現在のトルコ国旗の原型となったものです。

 

 

boucビザンチンの女神といわれるダイアナ
(画/フランソワ・ブーシェ)

 

 

1453年「コンスタンチノープル」→「イスタンブール」

1453年にオスマントルコ人たちによって
「コンスタンチノープル」は「イスタンブール」と
名前を変更しています。

 

ですがこの時も、三日月と星のシンボルはオスマントルコ帝国の
象徴としてそのまま使われることになりました。
(参照/「トルコの観光」「世界の国旗・中東」

 

ビザンチンの女神とされていたダイアナは
御存知の通りローマ神話に登場する狩りの女神。

 

ギリシャ神話では「ダイアナ」ではなく「アルテミス」という名前。
日本語では「ダイアナ」あるいは「ディアーナ」といいますね。

 

ラテン語では「Diāna」と書くそうで、「ダイアナ」とは
英語読みだそうです。(「Wikipedia」

 

ちなみに月と星は団結と進歩、民族の独立を
表しているともいわれています。




スポンサードリンク



コメントを残す