ランコントル「ジャン=ポール・エヴァン」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130315janp

 

 

ルネサンス〜原点回帰〜

ジャン=ポール・エヴァンでは、今年の前半に
〈 ルネサンス~原点回帰~ 〉 と銘打って 2002から2012年の
歴代のケーキを紹介していました。

 

かなり時間がたってしまいましたので、正確には覚えていないのですが
3種類の「ビュッシュ ド ノエル」を2週間づつ
期間限定で紹介していました。

 

今数えてみますと、私はそのうちの7種類を手に入れたようです。

 

 

「テール ア テール 」

まず最初は「テール ア テール」。

 

 

130421janporuevan

 

 

 

「アンフリュアンス」 

次が、「アンフリュアンス」。

 

130307anfuryu

 

こちらは2008年度のジャン=ポール・エヴァンの
「ビュッシュ ド ノエル」です。

 

この「アンフェリアンス」はヘーゼルナッツのダコワーズで
フランボワーズのコンポートを包んでいます。

 

その上を、ビターガナッシュでコーティングしたものなのですが
私はこの赤の色にうなりました。

 

「テール ア テール」の「赤」は オレンジ系、
レンガ色風の赤い色です。

 

一方、「アンフェリアンス」の「赤」は なんと例えたらよいのか
わからないほどの赤い色でした。

 

 

 

「きのう きょう あした」

そしてこちらは「きのう きょう あした」。

 

 

130307kinou

 

 

「きのう きょう あした」というケーキの名前もおもしろいですが
色も「ビュッシュ ド ノエル」としては斬新な色使いで素敵ですね。

 

抹茶だったと思うのですが、中の緑色と、まわりの白いコーティングが
さわやかでお洒落な印象の「ビュッシュ ド ノエル」です。

 

「ビッシュ ド ノエル」は19世紀の後半から
パリで作られるようになったケーキだということです。

 

「ビュッシュ」が「木」や「丸太」を意味する言葉で
「ノエル」は「クリスマス」ですね。

 

ということで「ビッシュ ド ノエル」は
「クリスマスの薪」を意味するといいます。

 

 

 

「キュリオズィテ」

次の「ビュッシュ ド ノエル」は「キュリオズィテ」。

 

 

130317janporu

 

 

2011年、一昨年のジャン=ポール・エヴァンの
「ビュッシュ ド ノエル」。

 

 

 

「アンヴィ」

この「キュリオズィテ」の1年前の「ビュッシュ ド ノエル」が
つぎの「アンヴィ」です。

 

 

130421janporu

 

 

 

「バロック」

そして私の一番のお気に入りの「ビュッシュ ド ノエル」が
こちらの「バロック」を御紹介したものです。

 

130228bar

 

ただ、ただ美しい「 ビュッシュ ド ノエル」です。

 

決して激しく主張をすることはなく、微妙な押さえた色でありながら
これ以上、美しい色のハーモ二ィをかもし出すことは不可能ではないか
と思わせるほどの絶妙な色遣い……。

 

ため息と、言葉にならない感嘆の声。
私はこれほどの美しいケーキを見たことはありません。

 

 

 

「ランコントル」

そして最後は、今日の最初の「ビュッシュ ド ノエル」、
「ランコントル」を御紹介して終わることにいたしましょう。

 

130315jan

 

「ビュッシュ ド ノエル」の右側の真中あたりの色が
赤っぽく濃い色に写ってしまっているのですが
本当の色はもっと淡いものでした。

 

下に引いてある布のピンク色に近いイメージ。
そして色だけではなく、形の切り方のおもしろさ、洒脱さ。

 

 

 

色を秘めている定番ケーキ

今まで何度かジャン=ポール・エヴァンの、普通の定番ケーキは
御紹介しましたがそれらのケーキは下のようなものでした。

 

12.7.18.ora

a50b00c100d560

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャン=ポール・エヴァンの定番のケーキは
全てチョコレート色がメイン。

 

ですが、ジャン=ポール・エヴァンは 今日御紹介した
「ビュッシュ ド ノエル」のような、美しく類いまれな
色彩感覚の作品を 生みだすことができるアーティストです。

 

その溢れ出る才能を定番のケーキでは
押さえている というのも、奥ゆかしく憎いばかり。

 

現在のところ私の中で、チョコレートケーキに限らず
お菓子全般の中で最高峰に位置するアーティスト、
それがジャン=ポール・エヴァンです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す