多くの人を飢えから救ったサツマイモ 「紫いもまんじゅう」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

紫いものおまんじゅう

昨日、御紹介した「紫いも」のお仲間(?)で作
ったお菓子ですね。

 

「紫いも」のあの鮮やかな色が、おまんじゅうに
うつって、といいますか蘇っていますね。

 

種子島で栽培されている「紫いも」や「安納芋」は、甘くておいしい
ことから、ここ数年の間に栽培量が飛躍的に多くなったそうです。
今では、種子島を代表するような作物だとか。

 

そういえば、私が子どもの頃は「紫いも」も「安納芋」も
聞いたことがなかったように記憶していますが
このごろは、よく聞きますものね。

 

 

 

「安納紅」と「安納こがね」

ここのところ大人気の「安納芋」ですが
「安納芋」には二種類のものがあるそう。

 

一つは表皮の色が薄紫糸の「安納紅」。
下の写真でいいますと右側にある「安寧芋」です。

 

 

annoukoganeannoubeni

「安納こがね」       「安納紅」
(写真/「鹿児島県」

 

 

そしてもう一つは、表皮が白っぽい「安納こがね」と
呼ばれるもので、写真の左の「安寧芋」になります。

 

どちらも鹿児島県の農業試験場が開発、育種登録した
サツマイモで、種子島地区に限定許諾された品種です。

 

戦後、品種改良が行われて、よりアントシアニンの
多い品種もできてきたということです。

 

 

 

メキシコでは紀元前3000年以上前から栽培

サツマイモの原産地は、はっきりとはわかっていないよう。
メキシコの中央部からグアテマラにかけて
という説が有力なようです。

 

メキシコでは、すでに紀元前3000年以上前から
栽培されていたといいます。

 

それが紀元前2000年頃に南アメリカに伝わって、コロンブスにより
ヨーロッパにまで広まりました。(「わかさの秘密」

 

 

 

 

 

日本へは17世紀初頭に

サツマイモが日本へ伝わったのは17世紀の始めです。
中国から沖縄に伝わっていたサツマイが薩摩に伝わりました。

 

そもそも「サツマイモ」という名前は
「薩摩」からきているのですよね。

 

 

annouimonohana        安納芋の花(写真/「泰久の独り言」

 

 

 

サツマイモは琉球から種子島へ 

時は元禄、今から300年と少し前のこと。
当時、沖縄は琉球王国と呼ばれていました。

 

かの地には、夢のような作物があるという噂が
種子島でささやかれていました。

 

日照りに強く、収穫量も期待出来る上に味がいいという作物。
その当時の種子島は、台風や日照りによる農地の荒廃により
作物がとれなかったといいます。

 

種子島の島主であった種子島久基が、琉球の王様に
その植物の苗をわけてほしいとの手紙を送った一年後、
琉球から一かごの苗が届きました。

 

その苗の栽培を任された大瀬休左衛門の苦労により
種子島でもサツマイモが出来るようになりました。

 

 

 

江戸幕府もサツマイモの栽培に取り組む

1732年、西国で起こった大飢饉により
十万人以上の人が餓死しました。

 

しかし、鹿児島の島津藩ではサツマイモのおかげで
飢えをしのぐことができたのです。

 

 

murasakiimonohana

こちらは「紫いも」の花。上の「安納芋」と似ていますね。
葉っぱは「紫いも」と「安納芋」は形が違っていましたが
お花は何となく似ていますね。
(写真/「左兵衛ファーム」

 

 

その事実を知った江戸幕府は
サツマイモを全国に広めようと考えます。

 

大岡越前の部下であった青木昆陽にその任を命じます。

 

青木昆陽は1735年、小石川薬園で試作栽培をし
江戸でのサツマイモ栽培に成功。

 

東日本方面でもサツマイモの栽培が
始まるようになりました。

 

種子島で大瀬休左衛門が成功した37年後のことといいますから
サツマイモはあっというまに日本に広まったのですね。

 

 

satumaimonohana

こちらはサツマイモのお花。
紫いもと似ていますが、葉の形は違うよう
葉の形はむしろ安納芋に似ている?
安納芋、紫いも、サツマイモの花と葉の
関係を表にしてみたらおもしろそうですね。
(写真/「話のコレクション」)

 

 

 

種子島といえば,鉄砲伝来ですが……

種子島でのサツマイモ栽培に成功したことについては
「カライモ(サツマイモ)伝説」に詳しいのですが、その中で
これだけは御紹介したい、という文章がありました。

 

「サツマイモの苗を輸入した種子島久基と、切腹を覚悟した
休左衛門の功績は、島民はもちろんのこと、後に全国の
食糧難を救うことになるわけで、鉄砲伝来よりも、
後に語り継がれるべき歴史上の出来事といえるのではないだろうか」
(「カライモ(サツマイモ)伝説」)

 

というものです。
私は激しく同感です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す