オキザリスとクローバーは別の種類 「オキザリス」と「クローバー」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

yotubakuroba

 

 

また四葉のクローバー!

数ヶ月前にも「四葉のクローバーをみつけちゃいました!」
というブログを書いたのですが、また見つけちゃった!
ラッキ〜!、それも、なんと2本も!

 

ただ季節的なものもあるのでしょうか
前回の四葉のクローバーよりも、小さくて弱々しいです。

 

前回のものはこちら。

 

 

yotubanokuroba130914

 

 

 

 「四葉のクローバー」は2種類ある?

クローバーといいますと普通は三つ葉ですが
中には「四葉のクローバー」という種類もあるそうです。

 

ただ一般の「四葉のクローバー」と称して
売っているタネには2種類あります。
一つは、本当の四葉の「クローバー」

 

もう一つは、本当はクローバーではないのですが
葉のかたちが似ているオキザリスという植物のタネを
「四葉のクローバー」と称して販売しているものの2つです。

 

 

 

オキザリス

次の写真がその「オキザリス」です。
葉っぱの形が似ているでしょう?

 

 

okizarisu        オキザリス(写真/「kurumi 植物と花」)

 

 

私は、今回初めて「オキザリス」という名前を知りましたが
「オキザリス」の花や葉っぱは今までに何度も見ていました。

 

「ヤサシイエンゲイ」によりますと、世界には800種類もの
「オキザリス」の仲間がいるそうです。

 

日本にはそのうちの5種類があり、「オキザリス」という名前より
「カタバミ」という言い方の方が馴染みが深いかもしれませんね。
私も「オキザリス」を「カタバミ」という名前で認識していました。

 

 

 

こんな「オキザリス」も

こちらも「オキザリス」の仲間で「デッペイ(O. deppei)」。
メキシコ原産で、球根を作るタイプの「オキザリス」。

 

okizarisudeppei-150x150         オキザリス デッペイ(写真/「草木図譜」

 

 

葉っぱが、これぞ「四葉のクローバー」
ともいうべき形のハート形をしています。

 

この「デッペイ」は主に葉っぱを鑑賞するもので、花は小さくて
あまり見栄えがしないということですがなかなか美しい色ですよね。

 

また、よくある「オキザリス」の葉っぱの先を
チョンとハサミで切ってしまったような形のものもありますよ。
それがこちら。

 

 

toraiangurarisu             オキザリス トライアングラリス

 

 

というように、葉っぱの形が似ているので
「四葉のクローバー」のタネとして売られていたりもしますが
本当の名前は「オキザリス」という植物です。

 

 

 

本当の「四葉のクローバー」

そしてもう一つの方が、シロツメクサの「四葉版」で
こちらが本物の「四葉のクローバー」です。

 

本当の「四葉のクローバー」はタキイ種苗株式会社のサイト
記載されているのですが、現在は小売りはしていないよう。

 

 

 

yotubakurobarosenthalmagicflute131116

 

 

この本当の「四葉のクローバー」のタネですが
1袋の中に、三つ葉と四葉の両方が入っているそうです。

 

そのタネをまいた当初、初期に出てくる葉っぱは
全て「三つ葉」のクローバーなのだとか。

 

株が大きくなってくるにつれ、順調に生育していけば
数ヶ月で「四葉のクローバー」が見られるということ
ですが、おもしろいですね。

 

今年は前回1本と、今回は2本、合計3本もの
「四葉のクローバー」を見つけることができました。
生涯で最高の、年間発見率(?)です。

 

2013年、本当に良い年でした!
感謝!

 

130514yotubaomote

 




スポンサードリンク



コメントを残す