「意心帰」安田侃 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

isindouyasudakan

 

 

東京ミッドタウンの入口で出迎えてくれる「意心帰」

この彫刻は、東京ミッドタウンにある安田侃の彫刻、「意心帰」。

 

地下鉄の六本木駅を降りて、地下道を東京ミッドタウンの方向に
歩いてきますと、入口あたりに見えてくる彫刻です。

 

御覧のように、大きいものがドテーンとあります。
地下なのですが、天井がくり抜かれていますので
陽の光が差し込んいます。

 

その光を受けて大理石の石肌が
目映いばかりに照り映えています。

 

 

130801dousinnki370

 

 

 

「意心帰」は2006年作

幅は3m22㎝、奥行きは2m51㎝、高さは1m84㎝。
重さは、18.5トン。

 

 

13080dousinkitoukyoumiddotaun370         天井からは太陽の光が射し込みます。

 

 

「数十億年という時を経て作られた大理石は、
この地球の一部です。
その白い石『意心帰』を地下に戻しました。
石に掘られた穴に身を沈めると地球の一部になり、
豊かな太古の声なき声が聞こえてきます。
地上より太陽の光が差し込む時、その石は
初めて光を視るように白い石の粒子は美しく息づきます。
『意心帰』と地上の『妙夢』が共鳴し、
空間全体が優しいヒューマンな場になることを願っています」
「東京ミッドタウン デザイン&アート」

 

 

130801dousinkiyasudakan

 

 

 

 「意心帰」に触れて

「東京ミッドタウン」のサイトには
「石に掘られた穴に身を沈めると地球の一部になり……」

 

とありますように、いつもこの彫刻の穴の中には
子どもたちが楽しそうに入っています。

 

 

yasudakan2011taormina370

「意心帰」安田侃 Taormina 2011.12〜2012.2
『現代の神話』展(写真/「KAN YASUDA)

 

 

安田侃の作品を展示してある 東京の別の場所では
作品に触れられないようにガードがありました。

 

設置した場所を管理する人(?)が決めるのでしょうか。
こちらの東京ミッドタウンの展示の方が嬉しいですね。

 

 

yasudakanitaria

「意心帰」安田侃 アッシジ 2005.6〜10
『人生を愛することは、平和を作ることだ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 長い時「一劫」

私の中には「石」という言葉には、常に
「悠久」というイメージがまとわりついてもいます。

 

仏教では時間の長さを測る単位の一つとして
「劫(こう)」というものがあります。

 

一劫の長さを説明するのには何種類かあるようですが
一番有名なものは、次のようなものです。

 

一辺が四十里という大きな岩があり、100年に一度
天女が舞い降りてきて絹の羽衣でその岩を撫でます。

 

その羽衣で撫でているうちに、岩がすり切れて
なくなってしまう(!)、という途方もない長い時間が
「一劫(いっこう)」という時の長さ。

 

 

yasudakan

「意心帰」安田侃 フィレンツェ 2000.7〜10
『街における彫刻』(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 「五劫のすり切れ」

落語の「寿限無(じゅげむ)」では
「五劫のすり切れ」という言葉が出てきますね。

 

生まれた子どもに、おめでたいことや、子どもが
あらゆるものに恵まれるようにと、望むことを
あれこれとつなげて名前にしようとします。

 

すると名前は、やたらと長くなってしまい
一息では言えないほどになってしまいました。

 

そんなに長かったら、親が子どもの名前を呼ぶにも
あるいは、子どもの友達が来てその子の名前をいう時に
こまっちまうじゃねぇか….、というようなお話ですね。

 

そのおめでたい、子どもに長寿を望むものとして
「五劫のすり切れ」という言葉が出てくるのです。

 

先ほどの一劫ですら、人間には気の遠くなるほどの長さ
だというのに、その五倍の五劫、それすら
すり切れてしまう、というのですから。

 

生まれた子どもに、どうか長い寿命が
さずかりますようにという、親の祈るような思いでしょう。

 

 

 

一年の終わりに

「一劫」には遠く及びませんが
私達人間には使い勝手のよい時間の単位である一年。

 

私にとっては、生涯の節目ともいえるような
2013年も今日で終わります。
新しいものが始まる前の、一つの区切り。

 

 

yasudakan2005isinkiassisi370

「意心帰」安田侃 アッシジ 2005.6〜10
『人生を愛することは、平和を作ることだ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

「意心帰」という名には、安田侃さんの
どのような思いが込められているのでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す