「妙夢」安田侃 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130801myoumutoukyoumiddotaun

 

 

「意心帰」の上にある「妙夢」

東京ミッドタウンにある安田侃作「妙夢」。
昨日(昨年!)、御紹介した同じ安田侃作の「意心帰」
上にあたる場所に設置されています。

 

「妙夢」の左の奥に、柵のようなものが
御覧になれるでしょうか?
これが、昨日の「意心帰」の上に開いていた開口部です。

 

「妙夢」の下にある「意心帰」↓

 

 

「意心帰」安田侃 東京ミッドタウン

 

 

「妙夢」はブロンズで出来ている大きな作品。
大きさは幅4m34㎝、奥行きが1m19㎝、高さは2m93㎝。
作られたのは、昨日の「意心帰」と同じ2006年。

 

東京ミッドタウンは外苑東通りに面して立っていますが
その中間あたりにこの彫刻があります。

 

「真中に開いた何もない円環に一人一人の夢を描き、
刻々と移りゆく太陽の光と影を映し、
人々の一日一日の思いを包みます。
『妙夢』と、地下の『意心帰』が共鳴し、
空間全体が優しいヒューマンな場になることを願っています」
「東京ミッドタウン デザイン&アート」

 

 

yasudakan2003hokkaidou370

「意心帰」安田侃 北海道立近代美術館 2003.6〜7
『天むすび、地をつなぐ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 安田侃

作者の安田侃は、1945年北海道美唄に生まれました。
東京芸術大学大学院彫刻家を終了後、
イタリア政府招聘留学生として渡伊したのが1970年。

 

ローマ・アカデミア美術学校でベリクレ・ファッツィーニ氏に師事
の後イタリアのピエトラサンタのアトリエで制作を続けています。

 

ピエトラサンタとは、大理石の産地として有名な
北イタリアの都市です。

 

 

 

旭川駅の「天秘(てんぴ)」

こちらはJR旭川駅にある安田侃の彫刻「天秘(てんぴ)」。

 

 

yasudakanasahikawaekitenpi300

「天秘」安田侃 旭川駅
(写真/「KAN  YASUDA」

 

 

 

ローマの「天秘」

次の写真は同じ「天秘」ですが大理石で作られたものです。

 

2007年の9月から翌年の3月まで
ローマで開催された展覧会
「時に触れる」展での展示から。

 

 

tenpiyasudakan2007roma300

「天秘」安田侃
ローマ 2007.9〜2008.3 『時に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

札幌の「妙夢」

2011年9月から11月にかけて、札幌の街中を舞台に
繰り広げられた展覧会、Sapporo「街に触れる」展。

 

 

yasudakanmyoumu200

「妙夢」安田侃
札幌 2011.9〜11『街に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

そしてこちらは、安田侃の彫刻に
雪が美のヴェールをかけているかのような……。

 

 

yasudakan2011sapporo370

「天聖」安田侃
札幌 2011.9〜11「街に触れる」展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

トリノでの「妙夢」 

2011年5月から9月までトリノで開催された
「時に触れる」展の「妙夢」。

 

 

myoumu2011yasudakan370

「妙夢」安田侃
トリノ 2011.5〜11 「時に触れる」展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

ローマの「妙夢」

2007年9月から、翌2008年3月にわたった
ローマでの「時に触れる」展での「妙夢」。
「妙夢」の向うに見える建物はバチカン大聖堂でしょうか?

 

 

isinkiyasudakan2007roma370

「妙夢」安田侃
ローマ 2007.9〜2008.3 『時に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

私の「妙夢」

北海道での安田侃の彫刻の数々、
そしてローマやトリノの「妙夢」たち……。

 

背景が異なると、東京ミッドタウンの「妙夢」とは
別物のようにおしゃれで美しく見えてしまいますね。

 

そして今、改めて東京ミッドタウンの「妙夢」
を見てみますと……、

 

 

「妙夢」東京ミッドタウン
同じ方向から撮ったもの昼(上)、夜(下)

 

 

確かに、北海道やヨーロッパの街の持っている雰囲気
には少々及ばないところがあるのは否めません。

 

ですがやはり東京ミッドタウンの「妙夢」こそ
今という時に、共にこの地で息づいている
まぎれもない私の「妙夢」。

 

 

130317mouri

「檜町公園」東京ミッドタウン

 

 

 

 「妙夢」の向こうに見えるもの

一つ前の写真のローマの「妙夢」を通して
バチカン大聖堂が見えていたように、「妙夢」は
見る場所によってその景色が異なります。

 

様々な場所でそれぞれの夢を垣間見させてくれる
「妙夢」ですが、東京ミッドタウンの「妙夢」を
透して私が見る「夢」は……。

 

最寄り駅としては六本木、住所としては赤坂、
リッツカールトンホテルを21世紀の近代的な
東京の風景でしょうか。

 

 

妙夢のある入り口とは反対側、檜町公園の石垣
この石垣の手前は、外苑東通りとは対照的な細い道の「檜坂」

 

 

 

300年前のこの地で

実は私にとって、この場所は江戸の入口。
「妙夢」を透して私が見る夢は300年と少し前の江戸。

 

東京ミッドタウンの地は今をさかのぼること
300年、江戸時代は毛利家の下屋敷でした。

 

わが家にはTVがないので、最近は見ていませんが
報道ステーションの天気予報はいつも
六本木ヒルズの毛利庭園で撮っていますね。

 

 

12 10 5 roppongihiruzu mouri

「毛利庭園」六本木ヒルズ
同じ場所から撮ったもの昼(上)、夜(下)
夜は2012年のイルミネーション

 

 

テレビ朝日のある六本木ヒルズの毛利庭園は
東京ミッドタウンの毛利家の分家にあたる毛利家、
「長府藩」毛利邸上屋敷の庭園を作りかえたお庭。

 

1849(嘉永12)年には、この長府藩毛利家
上屋敷では、明治時代の陸軍大将となった
乃木希典が出生しています。

 

乃木稀次の三男として生まれた希典は
「日ケ窪屋敷」と呼ばれたこの場所で
九歳になるまで過ごしました。

 

 

12.6.2.mouri

江戸麻布邸望遠図 谷文二筆 毛利博物館蔵
(写真/サントリー美術館)

 

 

 

現在は「檜町公園」

一方、東京ミッドタウンの地にあった
毛利家は、「長州藩」の毛利家。

 

現在、東京ミッドタウンになっている長州藩毛利家の
お屋敷は、江戸中が見晴らせる高い場所にありました。
優雅なお月見の宴も催されていたことでしょう。

 

六本木ヒルズは今でも「毛利庭園」と呼んでいますが
東京ミッドタウンの毛利家の庭園だったお庭は
現在は「檜町公園」という名前で親しまれています。

 

 

140416hinokityoukouen「檜町公園」東京ミッドタウン

 

 

昨年、満月と重なった2013年の中秋の名月には
ここからのお月様を見ることも出来ました。

 

そして2014年の今年は……、
「妙夢」を透して垣間見えた妙なる夢の中に
あなたを探しに行きたいと思っています。

 

120902sujikumo

 




スポンサードリンク



4 thoughts on “「妙夢」安田侃 東京ミッドタウン

  1. 初めて通信いたします。ひときわ寒き日和、お元気ですか?
    私は、去年の11月、東京・六本木を散策していると、ミッドタウンに吸い込まれるような不思議な彫刻作品に、出逢いました。
    今日、それが彫刻家・保田侃のブロンズ「妙夢」と、初めて知り、とても嬉しかったです。
    東京ミッドタウンは、自然と人工が絶妙なコンビネーションを奏でる、21世紀的スポットですね

    • 柏瀬八峰さま

      コメントをありがとうございます!
      今、ブログを拝見しました。
      柏瀬様が撮られた「妙夢」は、私の稚拙な写真の
      「妙夢」とは違う作品のよう……
      「妙夢」だけがはっきりと、力強く浮き出て
      来るようなお写真ですね。

  2. aprisugerさま

    この度は、返信ありがとうございます。
    賑やかな喧騒の大都会と思っていた、東京・六本木はさながら田園都市のように、ミッドタウンはきっと静かな生活を満喫する居場所に思えてきます。
    そんな中で、安田侃さんの「妙夢」は造形的な面白さだけでなく、そこに開けられた円環から覗く時、異次元の未知の世界を呼び覚ましますね

    柏瀬八峰

    • 柏瀬八峰さま

      こちらこそ再びのコメント、ありがとうございます!

      六本木ヒルズは2003年にでき、
      東京ミッドタウンは2007年に完成しています。
      建設中の東京ミッドタウンにはあまり心を
      惹かれず、六本木ヒルズの方に親しみを
      感じていましたが。

      現在は距離的に東京ミッドタウンの方が近いこと
      もあり六本木ヒルズに足を運ぶ機会は減りました。

      そうなんですよ、柏瀬八峰さんがおっしゃる通り
      「異次元の未知の世界」!
      「六本木の空の下で江戸の時空を」是非、御一緒に!

      実はこのブログを書いた2014年初め頃、その
      ものがたりを書きたいなぁと思っておりました。
      題名は未定ですが、サブタイトルは
      「ちょっと江戸まで あなたに会いに」。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください