「妙夢」安田侃 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130801myoumutoukyoumiddotaun

 

 

「意心帰」の上にある「妙夢」

東京ミッドタウンにある安田侃作「妙夢」。
昨日(昨年!)、御紹介した同じ安田侃作の「意心帰」
上にあたる場所に設置されています。

 

「妙夢」の左の奥に、柵のようなものが
御覧になれるでしょうか?
これが、昨日の「意心帰」の上に開いていた開口部です。

 

ブロンズで出来ている大きな作品。
大きさは幅4m34㎝、奥行きが1m19㎝、高さは2m93㎝。
作られたのは、昨日の「意心帰」と同じ2006年。

 

東京ミッドタウンは外苑東通りに面して立っていますが
その中間あたりにこの彫刻があります。

 

「真中に開いた何もない円環に一人一人の夢を描き、
刻々と移りゆく太陽の光と影を映し、
人々の一日一日の思いを包みます。
『妙夢』と、地下の『意心帰』が共鳴し、
空間全体が優しいヒューマンな場になることを願っています」
「東京ミッドタウン デザイン&アート」

 

 

yasudakan2003hokkaidou370

「意心帰」安田侃 北海道立近代美術館 2003.6〜7
『天むすび、地をつなぐ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 安田侃

作者の安田侃は、1945年北海道美唄に生まれました。
東京芸術大学大学院彫刻家を終了後、
イタリア政府招聘留学生として渡伊したのが1970年。

 

ローマ・アカデミア美術学校でベリクレ・ファッツィーニ氏に師事
の後イタリアのピエトラサンタのアトリエで制作を続けています。

 

ピエトラサンタとは、大理石の産地として有名な北イタリアの都市です。

 

 

 

旭川駅の「天秘(てんぴ)」

こちらはJR旭川駅にある安田侃の彫刻「天秘(てんぴ)」。

 

 

yasudakanasahikawaekitenpi300

「天秘」安田侃 旭川駅
(写真/「KAN  YASUDA」

 

 

 

ローマの「天秘」

次の写真は同じ「天秘」ですが大理石で作られたものです。

 

2007年の9月から翌年の3月までローマで開催された展覧会
「時に触れる」展での展示から。

 

 

tenpiyasudakan2007roma300

「天秘」安田侃
ローマ 2007.9〜2008.3 『時に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

札幌の「妙夢」

2011年9月から11月にかけて、札幌の街中を舞台に
繰り広げられた展覧会、Sapporo「街に触れる」展。

 

 

yasudakanmyoumu200

「妙夢」安田侃
札幌 2011.9〜11『街に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

そしてこちらは、安田侃の彫刻に
雪が美のヴェールをかけているかのような……。

 

 

yasudakan2011sapporo370

「天聖」安田侃
札幌 2011.9〜11「街に触れる」展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

トリノでの「妙夢」 

2011年5月から9月までトリノで開催された
「時に触れる」展の「妙夢」。

 

 

myoumu2011yasudakan370

「妙夢」安田侃
トリノ 2011.5〜11 「時に触れる」展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

ローマの「妙夢」

2007年9月から、翌2008年3月にわたった
ローマでの「時に触れる」展での「妙夢」。
「妙夢」の向うに見える建物はバチカン大聖堂でしょうか?

 

 

isinkiyasudakan2007roma370

「妙夢」安田侃
ローマ 2007.9〜2008.3 『時に触れる』展
(写真/「KAN  YASUDA」)

 

 

 

私の「妙夢」

北海道での安田侃の彫刻の数々、
そしてローマやトリノの「妙夢」たち……。

 

何か東京ミッドタウンの彫刻とは別物のように美しくて羨ましいです。
そして改めて、また東京ミッドタウンの「妙夢」を見てみますと……、

 

確かに、北海道やヨーロッパの街の持っている雰囲気には
少々及ばないところがあるのは否めません。
ですがやはり、これは私に馴染みのあるともに生活をしている「妙夢」。

 

 

130801myoumutoukyoumiddotaun

 

 

 

 「妙夢」の向こうに見えるもの

一つ前の写真のローマの「妙夢」の向うにはバチカン大聖堂が
見えていたように、見る場所により景色は異なります。

 

様々な場所でそれぞれの夢を垣間見させてくれる「妙夢」。
東京ミッドタウンから「妙夢」を透して私が見る「夢」は。

 

最寄り駅としては六本木、住所としては赤坂、
リッツカールトンホテルを21世紀の近代的な東京の風景?

 

 

130312midki

檜町公園
(木の枝を透かして見える中央の建物はブログが
始まった場所であるアークヒルズの森タワー)

 

 

 

300年前のこの地で

この地は、私にとっては江戸の入口。
「妙夢」を透して私が見る夢は、300年と少し前の江戸。

 

 

130317mouri

「檜町公園」東京ミッドタウン

 

 

この東京ミッドタウンは、今をさかのぼること300年
江戸時代は毛利家の下屋敷でした。

 

わが家にはTVがないので、最近は見ていないのですが
今でも報道ステーションの天気予報は
六本木ヒルズの毛利庭園で撮っているのでしょうか?

 

 

12 10 5 roppongihiruzu mouri

「毛利庭園」六本木ヒルズ

 

 

この写真の毛利庭園は、こちらの毛利家の分家にあたる毛利家、
「長府藩」毛利邸の庭園を作りかえたお庭です。

 

 

 

現在は「檜町公園」

一方、東京ミッドタウンの地にあった毛利家は
「長州藩」の毛利家。

 

現在、東京ミッドタウンになっている長州藩毛利家のお屋敷は
江戸中が見晴らせる高い場所にありました。
優雅なお月見の宴も催されていたことでしょう。

 

 

12.6.2.mouri

江戸麻布邸望遠図 谷文二筆 毛利博物館蔵
(写真/サントリー美術館)

 

 

六本木ヒルズは今でも「毛利庭園」と呼んでいますが
東京ミッドタウンの毛利家の庭園だったお庭は
現在は「檜町公園」という名前で親しまれています。

 

 

140416hinokityoukouen         「檜町公園」東京ミッドタウン

 

 

昨年、満月と重なった2013年の中秋の名月には
ここからのお月様を見ることも出来ました。

 

2014年の今年は、「妙夢」を透して垣間見えた妙なる夢の中に
あなたを探しに行きたいと思っています。

 

120902sujikumo

 




スポンサードリンク



コメントを残す