末広がり

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthalougi131225

 

 

 白い扇のサインはピュイグ・ロジェ

昨日は、紅白のゆべしを御覧いただきましたが
最後につけた写真に、紅白ゆべしと白い扇が写っていました。

 

白い扇のほうに、金色で文字が書いてありますが
これは、フランス人のピアニストであり作曲家である
ピュイグ・ロジェ(Henriette Puig-Roget)さんのサイン。

 

ピュイグ・ロジェさんのサインを頂いたのは
木曽福島というところ。

 

この白い扇の左上の方に「KISO」と書いてあるのが
御覧になれますでしょうか?

 

 

 

長野県にある木曽福島

木曽福島というのは、いわゆる福島県の福島ではなく
長野県にある「木曽福島」です。

 

私は、その時に初めて「木曽福島」という地名を知りました。
木曽福島のキャラクターの「ほおまる」君はこの子。

 

 

32

木曽福島のキャラクター「ほおまる」
(写真/「木曽路を歩く」

 

 

木曽福島へ行った理由は、当時ドイツのハノーファーに
留学していた友達が、木曽音楽祭に出演するためでした。

 

彼女が久しぶりに日本に帰って来たので
私も木曽福島の音楽祭一緒に行くことに。

 

 

 

木曽音楽祭

木曽福島での音楽祭は、1973年に
木曽フィルハーモニック協会が発足したことから始まりました。

 

生演奏を聴く機会がなかなかない木曽に
「自分達で、演奏家をよんで、演奏してもらおう」

 

と地元のクラッシック愛好家達が
呼びかけたことから始まったそうです。

 

それは1度の演奏会を開催するにとどまらず
毎月のような定期的なものへ。

 

その上、楽器の公開レッスンまであわせもつ
音楽祭へと発展していくことになりました。

 

 

kisotyouhotokontesutokouseki

これは木曽町第6回フォトコンテスト受賞作品
「光跡」瓦崎裕義(写真/「木曽町観光協会」

 

 

これは当時24歳だった、楽器製作者の飯田裕さんが
熱意を持って取り組んだからこそ
実現で来たものだったそうです。

 

飯田裕さんは、このようにおっしゃっています。

 

「絵・音楽。
文化は何でも東京でなければダメだ――という雰囲気がいやなんです。
よい文化に接する機会があれば、地方だって、それなりの文化が
育っていいはずだ」と。(「木曽町公式サイト『木曽音楽祭とは』」

 

その何回目かの木曽音楽祭に、当時、芸大教授の
ピアニストのピュイグ・ロジェさんも参加されていて
私の白い扇に名前を記してくださったのです。

 

ピュイグ・ロジェさんの他には、フルーティストの金昌国さん、
彼の伴奏をよくなさっていたチェンバロ奏者の小林道夫さんなど
たくさんの音楽家が参加されていました。

 

 

121022hueg

 

 

 

 末広がり

ちなみに今日のタイトルは「末広がり」です。

 

扇は「扇子(せんす)」ともいいますが、「末広」ともいいます。
形が要の方から見てだんだん先(末)が、広がっているからですね。

 

また末広がりといえば、漢字で書く「八」も同様で
日本や中国ではラッキーなこととされているようです。

 

そして日本で「末広がり」といえば、あの人を忘れてはいけません。
昨年世界遺産にも登録された
美しい末(裾)広がりの富士山。

 

これで、季節感に乏しい当ブログ「あぷりのお茶会」も
ちょっとお正月っぽくなったでしょうか?

 

hujisan

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください