パパイヤ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130522papaiya

 

 

パパイヤ

ローゼンタール〈魔笛〉の直径18㎝のボウルに
「パパイヤ」一つで満杯(?)状態の大きな「パパイア」。

 

日本で売られている「パパイヤ」は
フィリピンとハワイからのものがほとんどだそう。

 

この「パパイヤ」はどこのものか忘れてしまいました。
しかも、どこのお店で買ったかさえも。

 

 

 

国内でも栽培

日本で手に入れられるほとんどの「パパイヤ」が
フィリピンとハワイからのものとはいっても

 

国内でも、沖縄県や、小笠原諸島、
南九州や太平洋側の温暖な場所では栽培もしているようです。

 

「ヤサシイエンゲイ」によりますと
プロフェッショナルがお仕事として栽培するというのではなく
趣味で育てることもできるようなことが書いてあります。

 

ホント〜?
にわかには信じがたいのですが。
しかも「難易度」は「普通」と書いてあるのですが。

 

 

 

「雄株」、「雌株」、「両性株」

在来種の「パパイヤ」は雄花のみを咲かせる雄株、
雌花のみを咲かせる雌株があるのだそうです。

 

ここまでは、ふ〜ん,そうなんだ、別々なのね、
と納得出来るのですが、驚いたのは次です。

 

上記の2種類に加えて、雄花、雌花両方を咲かせる
両性株というものもあるそうです。

 

この写真は、パパイヤの両性株についた
「雄花」と「雌花」です。

 

 

t02200240_0305033312290502748          雄花(写真/「ライフ・サイエンス」)

 

 

t02200175_0320025512290503395          雌花(写真/「ライフ・エッセンス」

 

 

こうしてみても雄花と雌花の違いはあまりわかりませんね。
このパパイアの花は両性株のものですから
この2種類が1本の木に咲きます。

一方、「両性花」はこちらです。

 

 

Unknown_20131127152256f3a          両性花(写真/「ヤサシイエンゲイ」

 

 

ですから在来種の「パパイヤ」には
「雄株」、「雌株」、「両性株」の
3タイプがあるということなんですね。

 

私は園芸、植物に詳しくはないので
他のこのような木があるのかは知らないのですが。
なんだか、「パパイヤ」っておもしろいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す