「バッハの思い出」 「本物」「ニセモノ」11

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130504bach

 

 

突然の質問

学生時代のことでした。
授業が始まるやいなや、先生が私の方を向いてお聞きになりました。

 

「あなたは、どんな人と結婚したいですか?」と。

 

その質問を私になさった先生は
当時の私の母より,少し年上の女性の方でした。

 

授業の第一声が、私にむけられた
このような質問だったことに、私は少々戸惑いました。
今までの授業で、このようなことはなかったからです。

 

 

 

迷わず言った言葉は

「尊敬できる人と結婚したいと思います」と私は言いました。

 

その私の答えに対して先生が何か質問をされたのかどうか
よく覚えていないのですが、私はこう続けました。

 

「バッハの2度目の妻である、アンナ・マグダレーナ・バッハの
ように終生、夫を尊敬できたら幸せだと思います」

 

実はこの2つ目の「」の中の言葉は、本当に言ったんかい?
と今になって考えますと思わないでもないのですが……。

 

でも、言ったと思います。

 

(そんなこと言っているから結婚出来なかったんだよ、
ということは、今回は触れないでいただきたいと思います)

 

 

 

アンナ・マグダレーナ・バッハの日記から映画

アンナ・マグダレーナ・バッハといえば1967年には
彼女の日記をもとにした映画もできていたようです。

 

 

938165d0

 

 

タイトルは「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記
(CHRONIK DER ANNA MAGDALENA BACH)」。

 

製作国は、西ドイツ、イタリアとなっています。
1967年の製作ではありますが、2003年日本でリバイバル上映。

 

ジャン・マリー・ストラウプ&ダニエル・ユイレ監督。
バッハ役はグスタフ・レオンハルト。

 

 

 

映画の元になった本

私はこの映画については全く知らずに
今回初めて知ったのですが、高校生の時に
「バッハの思い出」という本を読んだことがありました。

 

いわゆる「大バッハ」といわれる
ヨハン・セバスチャン・バッハの2人目の妻である
アンナ・マグダレーナ・バッハの書いた本です。

 

私は本は図書館のものを読み、基本的に買いません。
ですが、この本は大好きなバッハ関係のものでしたので
当時は高校生でしたが、迷うことなく買いました。

 

その本の中でアンナ・マグダレーナ・バッハは
こんなことを書いています。

 

「この世で幸せな女性が二人いる
一人はバッハの最初の妻で、もう一人は私だ」と。

 

 

bach-159x300

バッハ像 ライプツィッヒ
(写真/「Wikipedia」)
1685年 3月21日 アイゼナッハに生まれる
1707年10月17日 マリア・バルバラと結婚
1721年12月 3日 アンナ・バグダレーナと結婚
1750年 7月28日 ライプツィッヒで亡くなる

 

 

 

偽書と判明

こんな素敵な言葉が書いてある本でしたが、実はその本は
バッハの二度目の妻であるアンナ・マグダレーナ・バッハが
書いたものではなく、後の人が書いた偽書であることが
わかっています。

 

最初は「ええ〜っ!」と驚いたものの
騙されたとかウソをつかれたというマイナスの感情が
なぜか私にはなかったのです。

 

少しニヤッとして、「なかなか、やりますなぁ……」
という感じでしょうか。

 

私は何故かその本が嫌いになれませんでした。
現在はその本は処分してしまい手元にはないのですが。

 

 

dominiBach-s

バッハ切手(写真/「音楽の切手」)
1985年、ドミニカで発売された切手

 

 

 

 真実の一かけらが記されている本
誰が書いたかは別にして

その本にはいくつか心を惹かれた箇所がありました。
その中で一番感動した部分は次のようなものです。

 

現在は本が手元にないので、正確ではありませんが
大体こんな意味だったと思います。

 

バッハは、彼の作品に対するどんな褒め言葉よりも
「バッハの作品を聞いた後は、
少なくとも一週間は悪いことはしたくなくなる」
という感想を聞いて、ことのほか喜んだ、というもの。

 

これが偽書とわかった今は
このことが「事実」か否かはわかりません。

 

ですが私には、なぜかこのようなことを
バッハは思ったのではないか、という気がするのです。

 

あるいはバッハ好きの私の、そうであってほしい、
という願望なのかもしれませんが。

 

この本はアンナ・マグダレーナ・バッハではなく
後の人が書いたものです。

 

そうではあってもこの本には
ある種の「真実」の一かけらは記されている
のではないかという気が私にはしてなりません。

 

 

140411rosenthalmagicfluteteapot

 

 

 

たった今、知った事実!

と、ここまでブログの下書きを書いてありました。
今日のブログは、ここで終わらせるつもりでした。

 

ですが、アップする2時間ほど前にもう一度チェックして
念のためにWikipediaもチラッと見てみましたら……。

 

アレレ……です(最初から見ておけばよかった)。

 

あんな数十年前に読んだ、しかも「偽書」について
Wiki.に記述されているなんて思っていませんでした。

 

 

 

偽書の意図は全くない「創作」として発表

この「バッハの思い出」は Esther Meynell が
1925年に出版した「The Little Chronicle of Magdalena Bach」
という本が原著だそうです。

 

著書は「偽書」ではなく
あくまで「創作(フィクション)」としての発表。

 

本の中の事実関係に関しては
1925年当時のバッハ研究に基づいて書かれているようです。

 

しかし現在では「バッハの思い出」には
いくつかの間違いもあると指摘されています。

 

1925年といえば、ほとんど一世紀前のことですから
それは当然のことかもしれません。

 

つまりここまでは、そのように研究が進んだことによる間違いは
あるものの、著者も出版社も「バッハの思い出」を

 

「偽書」と意図しているのではなく
あくまでも「創作」として扱っているわけです。

 

 

dominiBach

 

 

 

 日本語に翻訳した日本人の間違い

その後、この「バッハの思い出」がドイツで
出版された時に、著者名を伏せていたことから
誤解が生じたと考えられています。

 

ドイツ人にとっては、この本が
フィクションであることは自明のことでした。

 

しかし「バッハの思い出」を読んだある日本人が
アンナ・マグダレーナ・バッハが書いたものなのだ
と間違えたことから問題が生じたのです。

 

「バッハの思い出」のドイツ語版が日本語に翻訳されました。
その時に、著者はアンナ・マグダレーナ・バッハと記されました。

 

そのようにして出版された「バッハの思い出」を
高校生の私は読んだのです。

 

 

 

なぜ、日本の出版社は訂正をしないのか?

「Wikipedia」にはこのように書かれています。

 

「現在でもまだ日本ではアンナ・マグダレーナが著したかのような
体裁で出版されているので注意が必要である」と。(「Wikipedia」)

 

私が高校時代はともかく、それからウン十年と月日は
流れているというのに、未だにそのように
出版されているとは、本当に驚きました。

 

現在のような、瞬時に情報が世界へと流れる社会でありながら
それを訂正しない出版社というものに疑問を感じずにはいられません。

 

 

Unknown_20140109220436f41       アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳

 

 

 

「創作」に「偽書」という濡れ衣を着せ続ける罪

事実をストレートに書いて出版したものであるならば
「バッハの思い出」は一つの愛すべき作品。

 

ですが、最初に間違ったことを、事実が判明した後も
訂正することもなく嘘をつき通すことによって、一つの立派な
「作品」に「偽書」という汚名をきせ続けることになります。

 

「バッハの思い出」を出版したのは
はっきりとは覚えていませんが
音楽関係では有名な出版社のものだったと思います。

 

昨日のブログに書きました「ドライマンゴー」のような
食品の着色や、偽装。

 

そして今日の、わかっていても
何十年も正そうとしない出版社。

 

嘘のない社会は、絵空事の夢に過ぎなのでしょうか?

 

 

 

ウソのない社会へ

私はそうは思いません。

 

事実をストレートに伝えることは
特別立派な行いではなく、ごく当たり前のこと。
社会での最低限のルールだと私は思っています。

 

私はTVがないため、皆さんと同じような情報を
あまり得てはいないのですが、昨年は食品偽装の問題が
多々あったと聞いています。

 

2014年からは、どうかうそのない社会に近づきますように……。
(「バッハの思い出」の偽書騒ぎで
今日のブログが長くなってごめんなさい)

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “「バッハの思い出」 「本物」「ニセモノ」11

  1. 私もかつて、アンナ・マグダレーナ自身が書いたものとして読みました。それを、自分のホームページでも紹介しました。ある方からの指摘もあって、小説であることを明示した上で、こういう表現もあるという形での内容に変更したことがあります。今は、Wikiとかがあるので、大体の方は気づくとは思いますが、結構売れ続けている本なので、出版社も率直に説明すればいいのにと思いますがそうはなっていません。そこで、私は自分のホームページでバッハ自身やアンナ・マグダレーナが語っていることについては、史実に基づいている部分もありますが全て私の創作とコメントしています。平均律クラヴィーア曲集では、アンナ・マグダレーナが語る部分があります。皆さんもご存知ないこともありますから、きっと面白いと思われると思います。
    「聖律の音楽」と言います。
    http://www.geocities.jp/imyfujita/indexj.html

    • 藤田伊織さん

      コメントをありがとうございます!
      サイト、拝見しました。

      藤田さんが仰るように、私が『バッハの思い出』を読んだ
      高校生の時にはWikiはありませんでしたね。
      ですが他の方は違うのかもしれませんが、少なくとも私は
      本を読んだ後にWikiで調べることは普通はいたしません。
      音楽関係者ではなく、いわば普通の方でこの本を読んだ人の
      うちのどのくらいの人が、この事実を知っているのでしょう。

      最も私が不思議に思うことは、小説、創作とわかった
      時点で、なぜ訂正をしなかったのかという一点。
      もし訂正をして、『バッハの思い出』が小説であったと
      明示しても、なお価値のある本としてこの本は
      人々に愛され続けるのではないでしょうか。

      訂正を躊躇っていることが、私には解せません。
      過ちは問題ないとはいいませんが、人は間違うこともあります。
      問題は間違えたことではなく、それが判明した後も
      訂正しないという事実です。

      私がもし現在高校生で、訂正のいきさつが書かれた
      『バッハの思い出』を手にしたとしたら、そこに誠実さを感じ
      こそすれ、作品の価値が下がったと思うことはないでしょう。
      過去に、バッハに関する小説も興味深く読みましたから。

      『バッハ 死のカンタータ―音楽ミステリー』も
      拝読したいと思います。

コメントを残す