トリュフまろやかミルク「ブルボン」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120927torifu

 

 


「トリュフ」

ローソンで買った「トリュフ まろやかミルク」。
トリュフ風ではなく、トリュフなんですね。

 

この「トリュフ」という名前の「トリュフチョコレート」は
きのこの一種の「トリュフ」に似ていることで
つけられた名前ですね。

 

「トリュフ」とは
「セイヨウショウロ(西洋松露 Tuber spp.)」。

 

フランス語では「truffe」、
英語では「truffle」と書くそうです。

 

「黒いダイヤ」と呼ばれるチョコレートではない方の
本物の「トリュフ」がこのブログに登場することは
残念ながら、この先もないと思われます(涙)。

 

ということで、今日はチョコレートの
「トリュフ」のおしゃべりをしましょうね。

 

 

ta_1           (写真/「ゴディバ」)

 

 

 

記憶にないほどの少量で

「トリュフ」を使ったお料理は、過去に何度か
いただいたことがありますが、「こんな味」と
いえるほどは沢山入っていなかったのでしょう。
味自体の記憶はありません。

 

味というより「トリュフ」は香りでしょうが、
トホホなことにそれさえもないのです。
まあ、それほど少ししか入っていなかったというわけ。

 

一応、お料理の名前についていますので、作った人が
「入れた記憶はある」、「確かに、入れたはずだ!」
という程度に入っていたくらいの量。

 

ですから「トリュフ」の香り、という言葉を聞いて私には
条件反射的に香りが浮かんでくるということはありません。

 

 

 

ブタだけではなく、最近はイヌも

「トリュフ」といいますと、ブタさんがせっせせっせと
「トリュフ」を探しているイメージがありますが
現在ではブタとともに犬が一役買っているようです。

 

犬は、「トリュフ」を食べないからということで。
ということは、ブタさんはグルメなんですね。

 

「トリュフ」には
「黒トリュフ」と「白トリュフ」があるそうです。

 

 

 

1900年代には今の50倍ほどの生産量があった

その「黒トリュフ」ですが1900年には、
約1000トンほどという大量な「黒トリュフ」が
フランスでは生産されていたのだそう。

 

しかしその後、生産量は減り続け、現在の生産量は
年に20トン前後(最良の年で46トンほど)にまで
減少してしまっています。

 

1900年頃には、「トリュフ」は今ほど高価なものではなく
ごく普通に日常的に食べられていたそうです。

 

単純に計算して、今の50倍近く採れていたのですから
当然といえば当然の話です。

 

 

20130708233032f7a-1-150x150         チョコレートではない本物のトリュフ

 

 

 

生産量の減少は人為的なもの

何らかの要因で「トリュフ」が採れなくなった
というよりは、大量生産をすると価格が
下がってしまうためという事情もあるようです。

 

「トリュフ」の大量生産に
反対をしている農家もあるといいます。

 

それでも今後は「トリュフ」の生産量は
増える見込みということです。

 

 

 

日本ではそれほど好まれない「トリュフ」

ただし、フランスの「トリュフ」生産量が上がったとしても
その「トリュフ」が日本にどっと入ってくるかといえば
そうでもなさそう。

 

日本人は欧米の人ほど
「トリュフ」の香りを好まないそうです。
欧米で「まつたけ」がそれほど好まれていないように。

 

おもしろいですね。
これってやはり、長年の食習慣の違いによるのでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す