鯛すがたお焼き 赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

oyakiakasakaaomo131130

 

 

今日は「鯛」

昨日は、溜池山王駅アートの「海老」を御覧いただきました。
「海老」とくれば「鯛」でしょう、ということで(?)
今日は鯛のお菓子を。

 

こちらは赤坂「青野」の「鯛すがたお焼き」という名前です。
「鯛焼き」ではなく「鯛すがたお焼き」。
「鯛の姿の焼き菓子なんですよ」という意味かな?

 

 

 

皆さんでどうぞ

去年の終わりのことでした。
人と会う約束をしたときに、この赤坂「青野」の
「鯛すがたお焼き」を持っていきました。

 

一応、仕事ということですが、彼女とは20年来の運動仲間ですので
仕事というよりは、彼女と久しぶりに二人だけで
おしゃべりをするという感じでもあるのです。

 

彼女に赤坂「青野」の「鯛すがたお焼き」の箱を
「皆さんでどうぞ」と手渡しました。

 

「ありがとう」といった後に、C子さんは続けました。
「どっちに?」

 

 

blog_import_51536251da0fc         こちらは赤坂「青野」のたいやき

 

 

 

Aの皆さんで

彼女、C子さんは今日の仕事としてはA社のメンバーですが
Bグループという法人組織の理事長でもあります。
私は、A社、Bグループともに知り合いだったからです。

 

それで彼女は、「この『鯛すがたお焼き』は
どちらの皆さんになの?」と私に聞いたのです。

 

私は正直なところ、どちらでもよかったのですが
一応、今日のお仕事の「Aの皆さんで」と答えておきました。

 

 

 

Bで食っちゃった!

それから一ヶ月ほど後のことです。
修理の終わったばかりの永田町の憲政記念会館で集会がありました。

 

私は呼ばれてもいなかったのですが、やはりここは見届けなくては
という思いで、重い足を引きずるようにして参加しました。

 

危惧した通りの、砂を噛むような思いをした帰り道のこと。
やはりこの会に参加していたC子さんと一緒でした。

 

二人で話しながら歩いている途中で、突然C子さんが言ったのです。
「この間のお菓子、Bグループに持っていって食っちゃった!」と。

 

 

oyakiakasakaaono131130

 

 

 

ありがとう、それでは今度こそAの皆さんに

私は思わず吹き出してしまいました。
彼女の言い方があまりにおかしかったからです。

 

「これはメールや電話ではなく、直接言わないといけないと思って……」
と、ちょっとだけ意を決したように言った「食っちゃった」の
言葉が、例えようもなく私にはおもしろく響きました。

 

「そんな気がしていたよ。
60パーセント位は、Bグループにいくような気がしていたもの。
でも、本当にどっちだってよかったんだから気にしないで」と私。

 

予想していたこととはいえ、その日の会に参加したことは
私にショックと悲しみを与えました。

 

そんな、イヤ〜な思いを、彼女の「食っちゃった!」という言葉が
一気に吹き消してくれたかのようでした。

 

私はそれに対するお礼として、Bグループの皆さんに
召し上がっていただいた赤坂「青野」の「鯛すがたお焼き」を

 

今度はA社に送っておきました。
今度は、前回より鯛がいっぱい入った箱をね!

 




スポンサードリンク



コメントを残す