カラヤンのお皿 クラウディオ・アバド死去

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

karayan

 

 

カラヤンのお皿

今日のお皿はちょっと面白いでしょう?
これもローゼンタール社のものです。

 

お皿の中心で赤いバラの花を胸にさし指揮棒を振っているのは
「帝王」といわれたヘルベルト・フォン・カラヤン。

 

そういえばこのブログ「あぷりのお茶会」も
アークヒルズ25周年記念のお祝いのウィーンフィルハーモニーの
演奏会をカラヤン広場で聴いて、まだ興奮さめやらぬ……、
といった時に書き始めたのでした。

 

アークヒルズのサントリーホールの前にある広場
それが「カラヤン広場」です。

 

「帝王」と呼ばれたカラヤンですから
アークヒルズの広場の名前にもつけられているのです。

 

 

blog_import_51535fe494a6c

アークヒルズのカラヤン広場

 

 

 

様々なローゼンタールの作品

ローゼンタール社は創立以来、本当に幅の広い
作品を生み出してきています。

「幅の広い」という言葉は、半分あたっている
かもしれませんが、ちょっと違うかも。

 

数多くの種類を作っている陶器会社は
ローゼンタールに限ったことではありません。

 

今日の風刺ウォールプレートでも、紙に印刷する作品
だったらいくらでもあるでしょうが、こんな風に
陶器でつくってしまうというのは珍しいですよね。

 

 

SUNTRYHALLmain_hall

アークヒルズ サントリーホール(写真/「SUNTRY」)

 

 

 

クラウディオ・アバド死去

今日のお皿に描かれたヘルベルト・フォン・カラヤンの
後任者でもあった、イタリア人指揮者のクラウディオ・アバド
(Claidio Abbado)が20日、亡くなりました。
80歳でした。

 

クラウディオ・アバドは1963年6月26日に
ミラノで音楽一家に生まれています。

 

地元のミラノ、ウィーンで学んだ後、
1960年にミラノのスカラ座で仕事をスタート。

 

1971年からはウィーン国立歌劇場で定期的に指揮者を務めた後、
1979年から1988年まではロンドン交響楽団を指揮。

 

1986年から1991年までは、ウィーン国立歌劇場で
音楽監督を務めて、1989年には死去した

 

ヘルベルト・フォン・カラヤンの後任として
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督に選ばれています。

 

このような指揮者としての輝かしい経歴を持ち
そしてその温和な人柄から全ての人に愛された
クラウディオ・アバド。

 

胃がんを患い、2000年に一度復帰しましたが
ここ数ヶ月で病状が極度に悪化してしまい
このような残念な知らせを聞くことになってしまいました。

 

 

AS20140121000906_commL

(写真/「朝日新聞」

 

 

この写真は、この写真は、去年の8月、
ルツェルン音楽祭のリハーサルの様子。

 

この音楽祭での演奏が、クラウディオ・アバドの
最後の演奏となってしまったということです。

 

ここで、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督として
クラウディオ・アバドの前任者だった
ヘルベルト・フォン・カラヤンを描いたお皿に戻りましょう。

 

 

 

ローゼンタール、アーティストシリーズ

このお皿はローゼンタールのアーティストシリーズの中の一枚。
「Satire Wandteller(風刺ウォールプレート)」
5000枚限定で作られたものです。

 

直径は26センチといいますので、ローゼンタール〈魔笛〉の
ディナー皿とほぼ同じ大きさですね。

 

これを描いたフリッツ・ラング(Fritz Lang)は
映画監督でもあり数多の賞に輝く
ドイツでは有名な風刺画家だそうです。

 

真ん中で胸に赤いバラをさしたヘルベルト・フォン・カラヤンを
有名な作曲家が囲んでいます。

 

 

blog_import_51535fe564116

カラヤン広場

 

 

 

全ての目標を到達する人は、目標を低く選んだから!

これらの作曲家はみんな天使の羽がついていますので
全て亡くなっている作曲家ということですね。

 

左からいいますと、プッチーニ、モーツァルト、
カラヤンのちょうど真下にあたるのがベートーベン。
その右側がワーグナー、上がヴェルディ。

 

左のプッチーニから、カラヤンの上を通って右のヴェルディの
上にドイツ語で文章が書いてあります。
この言葉がおかしいです。

 

「すべての目標を到達する人は
おそらく目標を低く選んだからだ」

 

「帝王」といわれたヘルベルト・フォン・カラヤンを
風刺画で描いて、この文章を添えるとは、
ローゼンタール社もなかなかやりますね。

 

130518arkhills

アークヒルズ

 




スポンサードリンク



コメントを残す