詐欺メール(銀行編 1 ) 「本物」「ニセモノ」12

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

ie-i400

 

 

私は誰?

この画像を見るたびに、私の中で響く言葉があります。

 

それは幼稚園が、せいぜい小学生になったばかり、といった
年頃の男の子が、完全棒読みで「いえーい」と言っている言葉。

 

なんでなんでしょうね?
自分でもわからないのですが。

 

ところで、この写真の人は、何の動物だと思いますか?
私は知っていて皆さんに質問をしているのではなくて
私もわからないのですが。

 

ウサギのふりをしているのはわかるのですが、これが
「ウサギのふりをしている、何かの小動物」なのか
「ウサギのふりをしているウサギ」なのか。

 

 

 

銀行を騙った詐欺メール

とここで突然ですが、しばらくぶりにツイッターシリーズです。
いつものごとく私がフォローをしている人ではなくリツイートから。

 

ですが、今回はお名前は知っている方です。
小説家の南野アサさんのツイートです。
最初に「拡散希望」と書いてあります。

 

南野アサさんのもとに、三菱東京UFJ銀行が差出人
というメールが届いたそうです。

 

そこには、2014年のシステムセキュリティアップグレードのために
個人情報を検証する必要がある、と書いてあったそうです。

 

南野アサさんは、「これ、偽物です!」「要注意!」と
注意を呼びかけていました。

 

この手の詐欺メールはよくあると聞きますが
幸い私のもとには一度も来てはいません。
(銀行の詐欺メールではない「詐欺メール」はきたことがあります)

 

 

 

「貴殿」が「貴様」に!

このメールを、なぜ南野アサさんが「これ、偽物です!」と
断言することができるのかといいますと……。

 

それは、
「貴殿のアカウント」と書くべきところが
「貴様のアカウント」となっていたからだとか。

 

「貴様」!!

 

うう〜っ!
以前の「ニセ古伊万里のお皿」のところでも書きましたが
ここまで書いてくれるとだまされる人がいなくて
かえって助かりますね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す