ドライキウイ「ボン・ルパ」麻布十番店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618doraikiuibonrupa

 

 

「ボン・ルバ」の「ドライキウイ」

私がじっと「ドライキウイ」見ていますと店員さんが
「どうぞ」と試食用の「ドライキウイ」を差し出してくれました。

 

いかにも、というきれいな色に着色をしているものも多いなか
この「ドライキウイ」はちょっと茶色っぽくて
その鮮やかでない色が、好ましいですね。

 

本当に着色等、何もしないで「ドライキウイ」を作ったら
こんなふうな色に近く仕上がるのではないかなと。

 

 

 

無着色ではないそう 

「ボン・ルパ」のお店の人の話では、この「ドライキウイ」も
残念ながら完全に無着色というわけでもなさそうです。

 

でも、そうであっても着色はせいぜい、この程度で
止めておいてほしいと思いますね。

 

 

kiui         (写真/「FXDDブログへようこそ」

 

 

 

フルーツインスタイル

帰ってきて、レシートからこの
「ドライキウイ」の販売者がわかりました。

 

東京にある、「大信実業株式会社」という会社で
「Fruits in Style(フルーツインスタイル)」という名前で
ネット販売もしているようです。

 

ネットでの説明によりますと、生のキウイのような
タネのつぶつぶ感を残したうえで、なおかつ
酸味が強過ぎないように仕上げたそうです。

 

原産国は中国。
原材料としては、キウイ、砂糖、クエン酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)。

 

そして着目した色のことですが
「ドライキウイの緑は天然の色で、着色料は一切使っておりません」
と書いてあります。

 

作っている会社「フルーツインスタイル」のネットでの情報と
売っているお店「ボン・ルパ」のおねーさんの言うことと
どっちが正しいの?

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.