メイプルスコーン「ディーン&ディルーカ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130307mepurusukon

 

 

ディーン&デルーカのサイトには載っていないけど

とっても甘くておいしいメープルスコーン。
クルミがガシガシ入っているのが、嬉しいです。

 

ちょっと「ディーン&ディルーカ」のサイトを見ましたら
メイプルスコーンがのっていませんでした。

 

ホームメイドスコーンという名前のスコーンがありましたが
今日のメイプルスコーンとは違うようです。
変わってしまったのかもしれませんね。

 

 

クロテッドクリーム

イギリス、スコットランドで生まれたスコーン。
イギリスのアフタヌーンティーには欠かせませんね。

 

あの3段式のお菓子をのせる器(なんていうんでしたっけ?)
には、かならずころころとスコーンがありますね。
ジャムやクロテッドクリームをつけて食べるのが定番。

 

 

kuroteddokurimu手前がスコーン、奥の右がクロテッドクリーム
左はコンフィチュール(写真/「アルカス」

 

 

クロテッドクリームとは、イギリス南西部デボンと
コーンウォール特産のクリームのこと。

 

デボンで作られたクロテッドクリームを「デボンシャークリーム」、
コーンウォールのクロテッドクリームは「コーニッシュクリーム」
と呼ぶそうです。

 

 

 

乳脂肪分の量は、バターと生クリームの中間

クロテッドクリームは乳脂肪を55〜63%位含み、バター(83パーセント)
と生クリーム(46パーセント位)の中間に位置します。

 

良質のクロテッドクリームは、見た目は黄色っぽくバターに近いのですが
口の中ですーと溶ける、濃厚ではあってもしつこくないものです。

 

 

kuroteddokurimumodokiこちらは1分でできる
クロテッドクリーム(もどき?だと思う)
(写真/「COOKPAD」)

 

 

すーとは溶けますが、クリームの表面は黄色く
ザラザラした感じの膜が張っていることが特徴です。

 

この膜はクロテッドクリームの製造過程でできる膜で
「crust(クラスト)」と呼ばれます。

 

 

 

「Clotted」は「clout(つぎはぎ、パッチ)」が語源

クロテッドクリーム(Clotted cream) の 「Clotted」は「clout」が語源。

 

「clout」とは、つぎはぎ、パッチという意味で
この「crust(クラスト)」のことを指しているそうですよ。
(「Yahoo知恵袋」)

 

私は実はクロテッドクリームがちょっと苦手と思っていたのですが、
本物のクロテッドクリームを食べていなかったからかもしれませんね。

 

ただし現在では、イギリスでも本物をみつけるのは
難しいということです。

 

「ディーン&ディルーカ」のメイプルスコーンは、クロテッドクリームや
ジャムをつけなくても私には充分美味しく感じられました。

 

「ディーン&ディルーカ」には、このメイプルスコーンの他に
プレーンスコーンもあります。

 

プレーンスコーンの方は甘さが抑えめだそうですよ。
今日御紹介のメイプルスコーンは
おいしいクッキーのようなおやつ感覚でどうぞ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す