ジュルブレ(ハチミツ&全粒粉)「大塚製薬株式会社」プレッセプレミアム

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130210jurubure

 

 

「Germe(胚芽)」+「Ble(小麦)」で
「ジュルブレ」

ジュルブレ」を初めて買って以来
かなり気に入ってしまったので何度もリピしています。

 

あまり好きではないと思っていた全粒粉ですが
「ジュルブレ」のビスケットだと美味しくて。

 

 

116973441630-CROUSTISONvisu            (写真/「Gerblé」

 

 

 

栄養の宝石といわれる小麦胚芽 

「ジュルブレ」は1928年に、栄養の宝石とたとえられる
小麦胚芽を新鮮なまま取り出すことができるように
なったことをきっかけに生まれました。

 

名前の由来はフランス語の「Germe(ジャーム 胚芽)」と
「Ble(ブレ 小麦)」からきているそうです。

 

「小麦胚芽」という言葉は、よく聞きますよね。
小麦胚芽というのは、約一万粒の小麦から
スプーン1杯しかとれない貴重なものなのだそうです。

 

 

vol16_03           (図/「パトス」)

 

 

そのためフランスでは、小麦胚芽を
「栄養の宝石」とたとえています。

 

小麦胚芽を小麦粒から取り出す技術により
1972年、フランス人の実業家のアラン・シャティヨンが
「ニュートリション エ サンテ社」を作りました。

 

ここで生まれたブランドが「ジュルブレ」。
現在は、80種類もの「ジュルブレ」製品があるそうですよ。

 

日本では、大塚製薬が発売しています。
こちらはフランスの「ジュルブレ」のサイトです。
そしてこちらが、日本の大塚製薬の「ジュルブレ」サイト。

 

 

121119gerupure

 

 

 

たくさんの種類がある「ジュルブレ」

大塚製薬の「ジュルブレ」のサイトで
紹介されているのは4シリーズで合計、16種類。

 

「ジュルブレ」の4種類のシリーズとは
「小麦胚芽シリーズ」「食物繊維シリーズ」
「砂糖不使用シリーズ」と「低GIシリーズ」です。

 

「小麦胚芽」と「食物繊維」の「ジュルブレ」パッケージは
黄色、オレンジ色などの、全体として暖色系のイメージ。

 

それに対して「砂糖不使用」と「低GI」の方は
あえていいますと、ちょっと水色っぽいイメージの
パッケージということになるでしょうか。

 

 

gerble_raisin-hazelgerble_crispychocolate

上が「ジュルブレ」の砂糖不使用シリーズ
下は「低GIシリーズ」
(写真/「大塚製薬 こだわりの製品」)

 

 

なお、この「砂糖不使用シリーズ」ですが
原料としてお砂糖は使っていませんが、

 

果物由来のショ糖(リンゴ果汁由来)は入っているよう。
(レギュラーサイズ1袋あたりで、1.6グラム)

 

また「低GIシリーズ」のパッケージの形が少々、
他の「ジュルブレ」と異なっているのは、「低GI」ということで
間違わないための配慮かもしれませんね。

 

 

130210gerble

 

 

 

現在うちにある「ジュルブレ」

上から
「セサミ&チョコレート」(小麦胚芽シリーズ)
「大豆&イチジクのビスケット」(小麦胚芽シリーズ)
「アップル&ヘーゼルナッツビスケット」(砂糖不使用シリーズ)

 

130222jurubure

 

 

今回これを書いて初めて気づいたのですが
現在、一番お気に入りの「アップル&ヘーゼルナッツビスケット」は
砂糖不使用シリーズでした。

 

食べている時に、甘味が足りない〜、とは全く思いませんでした。
もっとも、上記のようにリンゴ果汁由来のショ糖は含まれていますが。

 

「ジュルブレ」をあまりに気に入って食べ過ぎてしまい
ちょっと飽きてしまったので今はお休み中です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す